23日、参考消息網は記事「トランプ大統領、レアアースなど『重要鉱物資源』の増産を指示、中国に対抗と英メディア」を掲載した。写真は中国のレアアース鉱山。

写真拡大

2017年12月23日、参考消息網は記事「トランプ大統領、レアアースなど『重要鉱物資源』の増産を指示、中国に対抗と英メディア」を掲載した。

英紙フィナンシャル・タイムズによると、トランプ米大統領は、米国内の重要鉱物資源に関する探査、生産、再利用、代替技術開発を推進する大統領令に署名した。同大統領は「海外資源に対する依存は、米国経済と米軍に戦略的脆弱性をもたらし、外国政府の敵対行為や自然災害による影響を受けやすくしている」と懸念を表明している。

敵対的な外国政府は名指しされていないが、フィナンシャル・タイムズは中国政府を念頭に置いたものだと指摘する。中国はレアアース生産の世界的大国だが、10年には突然輸出量を削減すると発表し、世界に衝撃を与えた。(翻訳・編集/増田聡太郎)