「リピート〜運命が変わる10か月〜」で、圭介(本郷奏多)の“ドSな彼女”由子役を演じる島崎遥香/(C)YTV

写真拡大

1月11日(木)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「リピート〜運命を変える10か月〜」。同ドラマの新キャストとして、島崎遥香が出演することが明らかになった。

【写真を見る】ぱるるが首輪を手に「ワンって言いなさいよ」と命令!?/(C)YTV

同ドラマは、乾くるみの小説を原作とした“サスペンスミステリー”。10か月前に戻って人生をやり直すことができる“リピート”という時間旅行に参加した鮎美(貫地谷しほり)、圭介(本郷奏多)、天童(ゴリ)ら8人の男女が、思いもよらない出来事に次々と襲われていく姿を描く。

今回島崎が演じるのは、圭介の恋人・町田由子。「独占欲が強く、嫉妬深いお嬢さま」である由子は、圭介がリピートを通じて出会った鮎美と深い関係にあるのではと疑い、圭介を縛りつけて行動を監視したり、ストーカー的な行為を繰り返す。

やがて、鮎美と圭介の間に強い絆が生まれてくると、その行動はエスカレート。鮎美への嫉妬心から、さらに狂気の度合いを増していくという、エキセントリックな役どころだ。また、圭介の首に犬の首輪を着けて「ワンって言いなさいよ」と命令する“ドS”な振る舞いや、自身初となるキスシーンへの挑戦も話題となりそうだ。

今回の作品について、島崎は「(原作者・乾くるみの小説)『イニシエーション・ラブ』が好きで、今回の作品も乾くるみさんの小説だと聞いて読ませていただいたのですが、やはり面白かったです」と感想を。

続けて「私の役はお金持ちのお嬢さまで、本郷奏多さん演じる圭介の彼女なのですが、愛や心はお金で買えるものではなく、思い通りにいかずヒステリックになり、やがてストーカー化していきます。

彼女のクレイジーさが私には非現実のように見えて、実はどこか人間の見え隠れする現実味が怖くも面白いと感じました」と、本作におけるサスペンスの原動力ともなりうる、由子のキャラクターについて明かした。

2016年末のAKB48卒業以降、さまざまなドラマに出演してきた島崎は、「アイドルを卒業し1年が経ちます。お芝居を本格的にやらせていただいてから2年目となる私にとっての、スタートダッシュともなる大事な作品です。 今までとは打って変わった役どころですので、皆さまの期待を裏切りたいと強く思います」と、本作への意気込みを。

最後に「自分の中に一切ないものを自身でどこまで作り上げられるものなのか、どこまで行けるのか、視聴者の皆さまと一緒に私も未知の世界へと飛び込んで行けたらと思います!」と、視聴者へメッセージを語った。(ザテレビジョン)