勇心酒造の研究開発風景(写真:勇心酒造提供、以下同)


 今でこそ、日本酒の蔵元が化粧品や医薬部外品などの事業に参入するのは珍しくないが、日本酒製成量がこれからピークを迎えようとする半世紀近く前には到底考えられなかったことだ。ところが、その時期に、鋭い洞察力で蔵元からバイオ企業へと舵を切った事業継承者がいた。“讃岐うどん発祥の地”として有名な香川県綾歌郡綾川町にある勇心酒造の5代目当主・徳山孝氏(76)である。

◎前編「日本酒業界のイノベーション、蔵元から医薬部外品」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51792

 テレビCMなどを通じて、多くの人が耳にしたことがあるであろう「ライスパワーエキス」の開発者であり、その「No.11」を使った「アトピスマイル」をはじめ、大ヒット商品を生み出している。

勇心酒造の代表取締役農学博士、徳山孝氏


 そして、その“原点”となったのが、1968年のある“決意”であった。

 時あたかも、高度経済成長の“負の遺産”としての公害が社会問題化し、米国のベトナム反戦運動に端を発した学生運動が日本国内でも先鋭化するなど物情騒然とした時代。清酒製成数量は右肩上がりを続けていたが、一方、蔵元の「場数」は減少し業界成熟化の影が忍び寄っている時期でもあった。

「人も企業も、自分を中心に考え過ぎて、今や、自縄自縛になっている。しかし、人も企業も、実は、自己を取り巻く森羅万象の中で“生かされている”のではないか? これからの時代に必要なのは、この発想だ」

 徳山氏は、日本(ないしは東洋)古来の「生かされている」という思想と、西洋の近代以降の科学思考を統合させる「創造と科学の合一」という理念を打ち立て、これをベースに、事業を通じて様々な社会課題の解決を図ろうと決意する。

 そして、それを東北大学の1学年後輩で後に「一ノ蔵」を創業する鈴木和郎(わろう)氏(2007年に急逝)に伝える。鈴木氏は終始黙って話を聞き、最後に大きくうなずいてこう言ったという。「力を合わせて酒造業界の未来を切り開こう」

大学院時代の徳山氏


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

日本型バイオに軸足を置き“苦節30年”

 1972年、徳山氏は勇心酒造の5代目当主として事業を承継。

「気候風土から考えて、日本には稲作が適していること。また、清酒・味噌・醤油などに続く、日本伝統の醸造醗酵技術を生かした米の用途開発が、明治期以降なされていないこと。そして、米が日本人の身体・精神・文化を形成してきたこと。この3つのファクターを踏まえて、私は、米の無限の可能性を追求しようと考えました」

 江戸末期の創業以来培ってきた勇心酒造の醸造発酵技術を武器に、今までにない革新的な米の用途開発をすることで、香川県の米作農業、そして日本の米作農業の新たな発展と、それを通じた“地方の活性化”を図りたいという想いがこもっていた。日本政府の「地方創生」開始(2014年)に先立つこと実に42年。徳山氏は「日本型バイオ」創造による日本の創生を目指し、第一歩を踏み出した。

 3年後(1975年)、1968年に徳山氏が予見した通り、日本における清酒の製成量は、この年をピークに、急転直下、右肩下がりに入る(下の図を参照)。

清酒製成数量の推移(出所:国税庁「酒のしおり」)


 その後、“バブル経済”と“地酒ブーム”が重なって一時的に上向いたこともあったものの、長期的には、現在に至るまで低落し続けている。徳山氏の“洞察”は、まさに絶妙のタイミングでなされたということだ。

 勇躍、研究に没頭した徳山氏だったが、開発は難航した。同社の清酒の売上は減少し続け、逆に、研究開発費は急速に膨らんでいく。しかも、地方の中堅・中小企業の経営資源には限りがある。

「使命感だけが心の支えでした。先祖代々守ってきた土地も、自宅部分を除いてはすべて売却しました」

 それでも、「徳さん、基本の考え方は絶対間違っていないんだから」と鈴木氏は励まし続けてくれたという。

ついに訪れた躍進のとき

 物心両面で追い込まれたかに見えた徳山氏であったが、鈴木氏などの友人たちや、地元の方々からの有形無形の支援を受け、さらには、国からの支援もあって、やがて、研究開発は実を結ぶ。「ライスパワーエキス」の実用化に成功したのである。

 1987年、「ライスパワーエキスNo.1-D」を主成分にした入浴剤を開発し、同社として初となる医薬部外品の認可を取得する(現在も、介護現場などで広く使われている)。

 その後、「ライスパワーエキス」の「No.1」(89年)、「No.101」(93年)、「No.11」(95年)を相次いで開発。こうした開発実績を踏まえて、97年には、自社ブランド「ライース(RAIZ)」を立ち上げ、化粧品販売事業に参入。三越百貨店(現・三越伊勢丹)で販売されるなど話題を呼んだ。

自社ブランド「ライース(RAIZ)」の商品群


 2001年には、「No.11」が、既述(前編「日本酒業界のイノベーション、蔵元から医薬部外品」)のように、厚労省より「皮膚水分保持能改善剤」としての認可を受け、翌2002年には、これを主成分とする「アトピスマイル」を発売して“空前のヒット”を記録する。徳山氏の事業承継から、ちょうど30年目のことだった。

 こうした自社ブランドの展開と並んで、勇心酒造の躍進を加速化したのが、大手の製薬会社や化粧品会社へのOEM供給である。

 救心製薬、第一三共ヘルスケア、コーセーなどから「ライスパワーエキス」をベースにした医薬部外品・化粧品が発売され、全国ネットのテレビCMで宣伝され、主要なドラッグストアに置かれることを通じて、「ライスパワーエキス」の名は、日本全国に広く知れ渡ることになった。そして、それは今もなお続いている。

 徳山氏は「現在は、売上の2割が自社ブランド、残り8割がOEM供給によるものです」と語るが、自社ブランドの売上比率をいかに拡大していくかが今後の“課題”だという。

「ライスパワーエキス」は36種類開発され、内13種類が実用化されているが、今後は、実用化の幅をより拡大していくことも期待されよう。画期的な機能を有する多様な商品が次々に誕生し普及していくことで、今までにも増して多くの人々の生活の質を向上させることができるからだ。そして、それは同時に、日本の米作農業に新たな成長機会を創出することにもつながる。グローバル市場で愛用されるようになれば、なおのことよいだろう。

“社会的使命”をベースに、ブレないことが成功の秘訣

“石の上にも3年”どころか、“苦節30年”で、自社の事業構造転換に成功した徳山氏。この間、どんなに苦境に陥っても、決して方向性がブレることはなかった。

 創業以来の家訓「不義にして富まず」、そして、自ら打ち立てた理念「創造と科学の合一」、さらには、メタ・コンピタンス(基幹能力)としての「醸造醗酵技術(の運用力)」を、自社の「不変」の対象として堅持しつつ、「米の新規用途開発」という“社会的使命”を実現するために、研究開発にまい進し続けてきた。

「経済的な視点のみで事業を行っていくと、状況が変化した場合、一瞬にして滅ぶケースもあります」と、“社会的使命”を自覚し続けることの重要性を強調する。

 氏の経営姿勢は、まさに、「ソーシャルアントレプレナーシップ」と「イノベーション」の高次元での両立であり、この姿勢こそが、現代日本において、最も強く求められていると言って過言ではない。徳山氏の姿勢に倣う経営者が全国に続々現れることを願うばかりである。

筆者:嶋田 淑之