フィンテックのインパクトはまだまだこれからだといわれている。「種の爆発」を控えている状況だ

写真拡大

 最近よく耳にする「FinTech(フィンテック)」という言葉だが、その本質は意外によく分からない。

 今から20年ほど前、米国で初めてATM(現金自動預払機)を開発したという人物にお会いする機会があった。

 私は「世の中を変える製品を開発されたのはすごいですね!」と称賛したが、彼は「いいえ」と首を横に振った。その理由に私は言葉を失った。

「確かに私の開発したATMの普及によって現金の利用は便利になりました。ですが、そのせいで、本当の意味での金融のデジタル革新を遅らせてしまったのです。金融の根幹は全てデジタル情報ですから、そもそも現金は要らないのです」

 これが、フィンテックを理解する上で重要なメッセージだ。

 金融は、デジタル情報で成り立っている。フィンテックとは、デジタル情報により表現される金融(Finance)を情報技術(Information Technology、IT)により刷新し、人間の経済活動を再編成する進化過程なのだ。故に「Fin+Tech」なのだ。

 送金・決済あるいは家計簿サービスのような個々のアプリケーションばかりに目を奪われていては、フィンテックの本当のインパクトを理解できないだろう。

 フィンテックは、経済活動の仕組みそのものを変えるイノベーションである。実は、大きなインパクトが来るのはこれからだ。いうなれば今は、まだ見ぬ夢に思いをはせている時期である。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)