画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●PC製品がなぜ今になって投入されたのか

サムスン電子の「Galaxy Book」は、Galaxyブランドとして国内初投入になるWindows PC製品だ。12月からは倉庫型スーパーの「コストコ」で個人向けの販売も始まった。

サムスンといえばGalaxyシリーズのスマートフォンで知られているが、海外ではテレビや白物家電メーカーとして最大級のシェアを誇っている。このタイミングでPC製品を日本に持ち込む狙いはどこにあるのだろうか。

○「Galaxy」ブランドが日本市場にも浸透

サムスンはテレビを始めとする家電製品で世界のトップシェアを握っているが、PC市場でのシェアは低迷している。TrendForceによる2016年の調査では、世界のノートPC市場でのシェアは2.4%で7位となっており、HP、Lenovo、Dell、ASUS、Apple、Acerの主要6社とは大きな差がある。海外ではしばしば撤退の可能性も報じられてきた。

だがサムスンのPC製品については、独自技術を活かした特徴的なモデルが多い。超軽量ノートPCの「Notebook 9」シリーズは、ペン入力に対応するなど定期的にアップデートしている。今回、日本に投入した「Galaxy Book」も、2017年2月のMobile World Congressで発表した最新の2-in-1だ。

その背景には、日本でもGalaxyブランドが徐々に浸透してきたことが挙げられる。2017年にはフラグシップの「Galaxy S8」と「Galaxy Note8」の両機種を発売。さらに毎月1500円引きの「docomo with」の対象端末となった「Galaxy Feel」は、ドコモ向けのGalaxyとして最も売れた端末になったという。

製品展開はウェアラブルやVRにも拡大しており、体験型施設「Galaxy Studio」を各都市に展開してきた。PC製品の投入もこの延長にあるといえるだろう。

●特殊な市場でどう売るのか

○他メーカーにはない有機ELやペン入力に魅力

だが日本のPC市場には複数の国内メーカーがひしめいており、プレミアムモデルがよく売れるなど特殊な市場とされる。果たして今からサムスンが割り込む余地はあるのだろうか。

日本のPC市場は再編が進んでおり、富士通はNECレノボグループに合流し、東芝も先行きが危ぶまれている。その間隙を突いて参入したのがファーウェイで、モバイル製品で培った技術を活かした薄型軽量の2-in-1モデルを投入している。

これに対してサムスンのGalaxy Bookも2-in-1型を採用する。本体カバーを兼ねた同梱のキーボードを着脱することで、タブレットとしてもノートPCとしても利用できる。キーボードはマイクロソフトのSurfaceシリーズのように物理的につながるので、合体させると即座にキー入力が有効になるタイプだ。

サムスン独自の強みは「有機EL」や「ペン入力」だ。12インチモデルの画面にはSuper AMOLEDを搭載しており、スマホと同じ高精細で鮮やかな描画が特徴だ。世の中には有機ELを採用したWindows PCはほとんど選択肢がなく、ユニークな存在といえる。

ペン入力にはGalaxy Noteシリーズと同じ「Sペン」に対応する。ワコムの技術を用いたSペンは世代を重ねるごとに書き味が良くなっており、Galaxy Bookは最新の4096段階の筆圧検知に対応する。ビジネス用途でも文書にちょっとした手書きを加えたいという場面は多いはずだ。

ただ、Galaxy Bookの国内展開はやや実験的な印象も受ける。販売チャネルは限定的で、実機を手に取れる場所は少ない。キーボードは海外と同じ英語配列のままになっており、日本市場に本格参入したとは言いがたい状況だ。

今後のWindows PCはLTE搭載機の増加が見込まれており、モバイル技術や各国のキャリアとの連携が重要になってくることは間違いない。世界のスマホ市場で高いシェアを誇るサムスンが、その強みをPC事業で活かせるかどうかが鍵になりそうだ。