3位となり、2位の田中刑事(左手前)と握手を交わす無良崇人(右)

写真拡大

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(24日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 日本スケート連盟は24日、平昌五輪代表を発表し、男子は、宇野昌磨(しょうま、20)=トヨタ自動車、田中刑事(けいじ、23)=倉敷芸術科学大大学院、羽生結弦(23)=ANA=の3人、女子は宮原知子(さとこ、19)=関大、坂本花織(17)=シスメックス=の2人が選ばれた。ベテランの無良崇人(26)=洋菓子のヒロタ=は総合3位で悲願の五輪出場を逃し、五輪を目指すシーズンが最後になることを示唆した。

 無良は「選ばれなかったことは仕方ない。(田中)刑事にはすごく頑張ってほしい」とライバルにエールを送った。自身が「ここまでやれたというのは人生の宝」と言い、今後については「五輪は4年間という時間がある。現役として迎える五輪は次はないかな」と語った。無良は四大陸選手権(台湾、1月22日開幕)の代表に選出されている。