フィギュアスケートの羽生結弦

写真拡大

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は24日、18年平昌五輪の男子日本代表に選出された羽生結弦(23=ANA)について、16日にショートトラックの代表選考会が行われた愛知・名古屋市ガイシプラザで羽生サイドとミーティングを行ったことを明かた。

 小林フィギュア強化部長は「(五輪に)間に合うということで選考した。(16日のミーティング時に)少し氷に乗りましたと(言われた)」と話した。現時点ではまだジャンプの練習には至っていないとみられる。

 羽生は来年1月下旬の四大陸選手権の代表には入っておらず、五輪は最後の試合出場となった10月のロシア杯からのぶっつけ本番となる。