攻守でカブスに欠かせない存在となったバエズ【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月のMLBでカブス・バエズが演じた「超速プレー」

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月の米大リーグ(MLB)プレーオフでメジャー屈指の二塁手が演じた「1.2秒の超速プレー」。基本に裏打ちされた素早い送球で三塁走者を刺すビッグプレーが炸裂し、米テレビ局「TBSネットワーク」が決定的瞬間を動画で紹介。ファンに興奮を呼んだ。

 これぞ「基本の究極形」というべきものだろう。圧巻の技術でファインプレーを演じたのは、カブスの二塁手、ハビエル・バエズ内野手だ。

 2勝2敗で迎えた12日(日本時間13日)の地区シリーズ第5戦、ナショナルズ戦。初回だった。1点リードして迎えた1死三塁のピンチ。内野ゴロでも同点のピンチでカブス内野陣は、やや前進守備を敷いていた。そして、相手の3番ハーパーは先発右腕・ヘンドリックスの6球目を捉える。痛烈な打球は二塁手のもとへ。ここで魅せたのが、バエズだった。

 正面の打球を柔らかなグラブさばきで捕球。それと同時に送球体勢を取り、思い切り腕を振って投げたのはホームだった。放たれた白球は矢のように鋭く、そして、正確。捕手コントレラスの正面にストライク送球を届けると、まさに間一髪のタイミングで三塁走者はタッチアウト。スタジアムは騒然となった。

捕る→投げる→速く→正確に…野球少年の基本ともいうべき要素が生んだ超美技

 捕球から捕手が捕球するまで、わずか1.2秒。決して大きく前進していたわけではないから驚異的だ。「ナイスプレーだ」といった表情で捕手を称えるように指差し、アイコンタクトを送ったバエズ。ナインとハイタッチと交わしていた。

 同点のピンチを防いだビッグプレーを米テレビ局「TBSネットワーク」は動画付きで公式ツイッターに投稿。映像を見ると、捕球から送球までの体勢に無駄がなく、そのすべてを速くしているかが見て取れる。送球も正確。捕手の懐正面で少しでもずれていれば、セーフになっていてもおかしくないタイミングだった。

 捕る、投げるを速く、正確に――。野球少年の基本ともいうべきプレーをすべて完璧にこなすことによって生まれたメジャーのスーパープレー。試合は点の取り合いとなり、最後は9-8でカブスが競り勝ち、リーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。その点差は1点。バエズの存在がチームに大きな貢献を果たしたことは言うまでもないだろう。

 次なるステージでドジャースに敗れたが、今季は内野5ポジションに加え、外野を守ったバエズはフィールディング・バイブル・アワードの複数ポジション部門を2年連続で受賞。守備の名手は来季、どんなプレーを見せてくれるのか。(THE ANSWER編集部)