【福田正博 フォーメーション進化論】

 ハリルジャパンにとって2017年の締めくくりとなったE-1サッカー選手権は、北朝鮮に1-0、中国に2-1と勝利したものの、韓国に1-4で敗れて優勝を逃す結果となった。日本代表が国際大会で韓国にこれほどの大敗を喫したのは、1978年にマレーシアで行なわれたムルデカ大会で、0-4で負けて以来39年ぶりのことだ。


韓国に大敗し、浮かない表情のハリルホジッチ監督

 点差がついたためショックは大きかったが、勝つこともあれば負けることもあるのが勝負の世界。しかし、試合後に日本サッカー協会の田嶋幸三会長が報道陣に発した、「選手は日本代表に誇りを持っているのか」「がむしゃらに点を取りにいこうという部分がなかった」「収穫という意味ではダメな選手が多かった」といったコメントには、少し違和感を覚えた。

 田嶋会長が憤る気持ちも理解できなくはない。しかし、その怒りが選手ではなく監督に向かってもよかったのではないだろうか。

 ハリルホジッチ監督は試合後の会見で次のように語っている。

「試合前から韓国が日本より強いことはわかっていた。韓国とのレベルに差があったし、韓国が勝利に値していた。選手たちをテストするのも目的だった。この大会を戦った日本代表はA代表ではなかった。B代表なのかC代表なのかはわからないが、中村憲剛を除けば現時点で招集できるベストメンバーを呼んだ。ただ、たくさんのケガ人もいるなかで、2勝できたことは素晴らしい結果だと思う」

 試合前から相手のほうが強いとわかっていたなら、戦術やフォーメーションなど、さまざまな工夫を凝らして勝利を目指すのが監督の務めだ。しかし、試合後の会見のコメントから、ハリルホジッチ監督にとって今回の日韓戦は、11月のブラジルやベルギーとの親善試合と同じように、ロシアW杯を見据えたただのテストで、勝敗にはあまりこだわっていなかったことがうかがえる。

 実際、CBの植田直通を右SBで起用したり、34歳の今野泰幸を3試合連続で使ったりするなど、さまざまなテストを行なっていた。もちろん、選手たちが思ったようなパフォーマンスを発揮できずに敗れたことは残念だし、今後の強化に向けてテストの内容に言及するなら理解できる。

 しかし、試合後に選手たちを「不甲斐ない」と切り捨てるくらい勝敗を重視していたのなら、「日韓戦は特別な試合だから、何がなんでも勝ちにいってほしい」と、事前にハリルホジッチ監督に伝えるべきだったと思う。あるいは、もし伝えていたとしたら、あの采配に対して何か言うべきではないかとも思う。

 我々の世代にとって、日韓戦は特別な思い入れのある試合だ。そもそも、韓国に対して互角以上に戦うことができるようになったのは、1992年に外国人初の日本代表監督としてハンス・オフト氏が就任してからだ。それ以前は、1985年のメキシコW杯アジア予選を含めて7年間で6連敗を喫するなど、日本は韓国にまったく歯が立たなかった。

 私も、1992年以前の日本代表に招集された経験があるが、当時の指導方法は、走り勝つことや1対1での奪い合いという、韓国代表のストロングポイントで上回ることを求められた。しかし、オフト監督が就任してからは、「韓国代表と同じ土俵に立たなくてもいい」と教えられた。日本サッカーの特長である技術力やアジリティ(敏捷性)を活かせるフォーメーションや戦術、戦略を模索した結果、韓国代表にも勝てるようになったのだ。

 今の若いサッカーファンは、日韓戦に特別な思いはないかもしれないし、ましてやハリルホジッチ監督にそれを理解してもらうことは容易ではない。しかし、「韓国代表に勝ちたい」という強い気持ちがあったからこそ、日本サッカーがここまで成長できたことは紛れもない事実だ。

 そんな日韓戦の裏側にある心情的な部分をハリルホジッチ監督に説明せずに、「理解してほしい」「察してほしい」というのは無理がある。こうした心情面での”温度差”は、日本サッカー協会とハリルホジッチ監督が、ロシアW杯に向けて一枚岩になっていないことを証明してしまっているともいえる。あらためて、W杯本番までの準備について双方の意見をすり合わせる必要があるだろう。

 日本サッカーを、技術的な面と心情的な面の両方から理解する難しさは、外国人監督を招聘する際につきまとう問題でもある。また、育成年代で築いてきたスタイルを、A代表だけが踏襲せずに独自のサッカーを構築しようとすることも解決すべき課題だ。ロシアW杯以降も日本代表が高みへと登っていくために、”日本人に最適なサッカー”とは何かをあらためて考え、4年ごとにW杯の結果だけを見て監督を代えるという方法を含めて見直してもらいたいと思う。

 E-1サッカー選手権は、あらゆる面で苦しい戦いを強いられた2017年の日本代表を象徴するような大会になってしまった。今回の結果にハリルホジッチ監督と日本代表選手が奮起し、来年6月にスカッと胸のすく試合を見せてくれることを期待している。

◆街のアイドル・乾貴士。歴史的2ゴールでエイバル市民に幸せをプレゼント>>

◆現地リーグを体験した日本人選手が語る「ポーランドサッカー恐るべし!」>>