とら(の)あな2nd(セカンド)のマスコットキャラクター。(c) むっく/とらのあな

写真拡大

 とらのあなが、新規事業として中古アイテム専門店の営業を開始。店名は「とら(の)あな2nd(セカンド)」、東京・外神田末広町(末広町駅徒歩1分)「秋葉原虎ビル」の1・2・3階に店舗を構える。

【こちらも】アニメファン注目! 秋葉原の映画館がついにオープン

 店舗は同じだが、各階でそれぞれフロアコンセプトは別々に設定されている。店内の色調は黒とブラウンのカラーリングを基調とし、シックな装いにまとめられている。

 品揃えは、トレーディングカード、レトロゲーム機、ゲームソフト、超合金、ドール、フィギュア、玩具、などである。とらのあなによれば「秋葉原ではあまりない単一店舗でのバラエティ豊かな商材展開」を行っており、懐かしい一品や、レアな一品が見つかる店、というコンセプトであるという。

 オープンは12月23日、営業時間は12:00〜21:00。フロアは、まず1階が古物玩具フロアで、超合金・ドール・ソフビ・フィギュアなどを扱う。2階はトレカフロアだ。取り扱い商材はカードゲーム(MTG・遊戯王・ヴァイスシュヴァルツ・ポケモン他)、ミニ四駆など。3階はレトロゲームフロアとなり、ファミコン、SFC、ゲームボーイ、ゲームボーイアドバンスなどのレトロゲーム機、ゲームソフトなどを扱う。

 なお、プレオープンとなる22日から2018年1月末日までの予定で、買取増額チケット配布キャンペーンが行われる。買い物をした客全員に対し、買い取り額が増額になるチケットを配布するというもので、買取合計額1万円以上で10%アップ、1万円未満の場合は商品1点あたり100円のプラスとなる。

 つまり商品5点で1万1,000円なら10%アップとなり1万2,100円、5点で8,000円ならプラス500円で8,500円になるというわけだ。なおチケットが利用できる店舗は「とらのあな秋葉原店C」である。