白石あさえ、ピッチ&パットにトライ 前編

「ピッチ&パットゴルフ」。ゴルフに詳しい人でもまだ耳慣れない言葉かもしれない。1ホール最大100ヤード以内のいわゆる”ショートコース”のプレーなのだが、IPPA(国際ピッチ&パット協会)という世界規模の協会があり、R&A(※)が公認するれっきとしたゴルフ競技スポーツだ。あのスコットランドのセント・アンドリュースにもショートコースが併設されていて、ヨーロッパではかなりメジャーで、プレーを楽しんでいる人が多いという。
※全英ゴルフ協会。ゴルフ競技ルール制定などにおいて、最も歴史と権威のある機関

 来年、そのピッチ&パットのワールドカップが日本で行なわれるということで、いま注目が集まってきている。そのルールや魅力を知るには、実際にプレーしてみるのが一番!ということで、昨年から今年の春にかけてゴルフレッスン連載『目指せコースでビュー!』に登場してくれた白石あさえさんがトライ。JP&PA(日本ピッチ&パット協会)で普及活動をしている三浦辰施(たつや)プロのレクチャーを受けながら、一緒にプレーしてもらった。


白石あさえさんと三浦辰施プロ。スコアはいかに?

――白石さん、ご無沙汰しております。SNSを見ると、ゴルフをかなり楽しんでいますね。100切りも達成したようで。

白石あさえ(以下、白石) はい、ゴルフにはまってますね。でも、同時にゴルフの奥の深さというか、難しさを実感しているところです。今日はまた楽しみです。


連載終了後も腕を磨いているという白石さん

――三浦プロ、いまワールドカップ開催に向けて、お忙しいのでは。

三浦辰施プロ(以下、三浦) 来年9月に北谷津ゴルフガーデン(千葉)で行なわれるのですが、今月上旬、ワールドカップ代表選手10名が決まりました。

 世界から選手やスタッフが来ますので、受け入れの準備も大変です。競技者にルールを英語で説明できる人を揃えなくてはいけませんし、大会後には必ず晩餐会があるんですけど、そういう用意もしなくてはならないので。

白石 日本で世界大会開催、すごいですね。どれくらいの国が参加するのですか?

三浦 いま、協会はイングランドをはじめ、ヨーロッパを中心に30カ国ほど加盟していて、どんどん増えている状況です。最近、中国も加盟しました。

白石 私はショートコースを回るのが初めてなんですけど、「ピッチ&パット」はふつうのゴルフとルールの部分で違う部分はありますか?

三浦 ないです。ルールはゴルフと同じです。ただ、使えるクラブはパターを含めて、3本のみです。距離は最大で100ヤードですが、バンカーもあるし、コースによっては池越えもあります。寄せるのに上げるのか、転がすのか。どの3本を選ぶか、人それぞれですね。

白石 ショートコースはカジュアルな印象がありますが、マナーなどは?

三浦 服装は基本自由です。TシャツもOKですし、私がイタリアの大会に出たときはジーンズでプレーしていたおじさんがいましたね。一方で「これはきちんとしたゴルフ競技」と考える人もいて、ガチなゴルフウエアを着ている人もいました。靴も、私は今日、スパイクを用意しましたが、芝を傷めるものでなければ、どんなものでもいいです。

 クラブは3本でOK、服装も靴も自由だから新たにいろいろ揃える必要がない。荷物も少ないので、電車やバスで移動ができる。さらにショートコースはプレーフィーも安い。始めるのにハードルが低いんです。


ピッチ&パットの魅力を語ってくれた三浦プロ

白石 厳しいマナーもなく、お金がかからないなら、若い人や女性もとっつきやすいかも。

三浦 ゲームとしても小学生から高齢者まで楽しめますよ。プロとだって一緒に回れます。ヨーロッパでは、ピッチ&パットが小学校の授業にあるんです。プレーした子供がいずれ大人になり、本ゴルフに上がっていく流れがあって、ゴルフが廃(すた)れないんです。日本は大人になって、付き合いでなかば強制のように始める人が多いから、楽しくプレーできず、挫折してしまう人もいる。僕らがこの競技を広めたい理由は、その辺りにもあるんです。

 でも、カジュアルでハードルが低い一方で、競技として世界大会までありますし、距離が短いからプロとも対等な勝負ができるんですよ。

白石 なるほど。ショートコースというとコースデビュー前に回るところ、ファミリーなどで楽しむところ、という印象もありますが、真剣に取り組めば、違うおもしろさがありそうですね。

 さあ、後編では三浦プロと白石さんが一緒にプレー。どんなスコアになるのか?

(つづく)

(三浦辰施プロフィール)
みうら・たつや●1975年生まれ。神奈川県出身。日本プロゴルフ協会会員。A級ティーチングプロ。現在はレッスンプロの活動に加え、日本ピッチ&パット協会に所属し、国内での普及活動に力を入れている。ブログ『たむ。プロの食べゴル 痩せ日記』 で、ピッチ&パットの情報も随時アップしている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。一昨年、念願だったグラビアデビュー。写真集『渡辺家』や週刊誌などでグラピアページを飾っている。web Sportivaでは連載コラム『目指せ! コースデビュー』に登場し、プロコーチ内藤雄士さんの指導を受けた結果、まったくの初心者から、100を切るスコアを出すまでに。近況はブログとインスタグラムに随時アップされるのでチェックを。身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。