【詳細】他の写真はこちら

PrizmaXが、12月23日、東京・日本青年館にて『PrizmaX Live Level6 悲しみを乗り越えて人は強くなれるだろう 〜Memory〜』を開催した。

“スターダストの登竜門”とも言われる、多くの先輩たちがそのステージに立ってきた日本青年館。会場を埋め尽くす1,200人のファンが見守る中、5人は2017年の集大成と言えるたくましい歌とパフォーマンスを披露。さらに2018年2月14日にリリースとなる新曲「yours」の初披露、2018年に行われる全国ツアーの発表もあり、来年への期待も高まるライブとなった。

【ライブレポート】

ホリック(PrizmaXファン)の黄色い歓声に包まれて、白を基調とした衣装でステージに登場した5人。特効の爆音を合図に、「Mysterious Eyes」でライブがスタート。ライブ仕様にブラッシュアップされたこの曲の骨太な4つ打ちに乗せて、パワフルで伸びやかな歌声を会場に響かせる森崎ウィンと黒川ティム。清水大樹の力強いラップも曲の勢いに拍車をかける。福本有希、島田翼、大樹がソロダンスで魅せた「UP<UPBEAT」、客席により近い舞台袖でパフォーマンスを見せた「Let’s Prove it!!」と続くと会場が一体となり、序盤からクライマックスのような盛り上がりを見せる。

それぞれが自己紹介したMCでは「2階席〜〜っ」と煽り、「やべぇ! 2階とか言えるようになった!!」とうれしそうに笑ったウィンを始め、全員が興奮状態。最高のテンションで臨んだ「REBORN」、ウィンがメンバーに頬へのキスをねだったり、観客にタオル回しを煽ったりと遊び心満載だった「Sing it!」、観客とペンライトを使った振り付けを合わせた「Go!」と、前半戦を一気に駆け抜けた。

ここで照明が落ち、スクリーンに「Memory 悲しみを乗り越えて人は強くなれるだろう」とタイトルが付いた、ドラマ仕立ての映像が流れる。主人公である女子高生が眺めるスマホ画面に書かれているのは、“2017年12月23日 に解散したグループ PrizmaXのMV”という衝撃的な文章。ファンから「え〜〜っ!?」とどよめきが起きる中、すでに解散しているPrizmaXを通じて、PrizmaXファンのクラスメイト・ユリとの友情が芽生えていくという架空の未来を描いたドラマが流れたあと、ステージにはスーツ姿の5人が登場。物語とリンクするように「抱きしめて行く」「Orange Moon」とミディアムテンポの曲が続く。

その後もドラマでユリが「PrizmaXで「OUR ZONE」がいちばん好き」と語ると、ステージでは実際に「OUR ZONE」を披露。その壮大な楽曲を繊細でダイナミックなパフォーマンスで表現したり、切ない展開を見せる物語に「Someday」「春空」と続くバラードソングがさらなる深みを与えたり、互いを引き立て合うようにリンクするライブと映像。「Truth」ではウィンとティムがステージに残り、優しく美しいハーモニーで観客を魅了する。

「Without you」「Never」と続くと、ライブも映像もクライマックス。映像ではPrizmaXファンだった姉を亡くし、「姉と一緒にライブを見たかった」と悔やむユリを思い、「PrizmaXをもう一度だけ、見せてもらえないでしょうか?」とメンバーに手紙で直訴する主人公。その手紙を受けたメンバーは、「今度こそホリックの笑顔を守ろう!」と再結成を決意する。

再び白の衣装に着替え、ステージ上段に5人が並んで始まったのは、「I want your love」。ファンへの想いを込めて、全身全霊でパフォーマンスするこの曲を会場中が静かに見守る。続いて、拳を突き上げて希望を歌った「Just Revolution」を披露したあと、「今日この場に立って、こんなたくさんのお客さんの前で、ライブをさせてもらっているという喜びを、すごく感じてます。改めまして、僕たちがPrizmaXです」と挨拶する大樹。

観客が映像とライブがシンクロする不思議な感覚に包まれている中、「ここにいるすべてのホリック、来れなかったすべてのホリックをこれからも笑顔に出来るように、僕たちはできることのすべてをやります。今までの悲しいことがあったからこそ、僕らは強くなれて、ホリックとこの場を共有して、この場で出会えたからこそ、また前に進むことができるんです」と、ウィンが映像を通じて伝えたかったことを伝えると、「そんな僕たちの想いがひとつの音楽になりました」と、ニューシングル「yours」に収録される新曲「Memory」が始まる。

突き上げるダンスビートに熱くエモーショナルなメッセージを乗せた「Memory」。たっぷり気持ちを込めたボーカルと躍動感溢れるパフォーマンス、大樹の語りやウィンとティムの掛け合いなど聴きどころ満載のこの曲は、現在進行系で進化を続けるPrizmaXの現在を切り取った、彼らの最新型と言える楽曲。この曲を通じて、ライブタイトル『悲しみを乗り越えて人は強くなれるだろう 〜Memory〜』に込められたメッセージもしっかり伝わったところで本編は終演。ED映像が流れたあとは、温かい拍手が会場を包んだ。

揃いの黒のパーカー姿で登場すると、階段に座る5人が楽しそうに「my girl」を披露。本編とは一変、リラックスした雰囲気で始まったアンコール。ティムが「一緒に歌える人がいたら歌って!」と声をかけ、ファンが一緒に口ずさんだ「Three Things」で楽しい空気が会場を包む。MCでは「今回、「PrizmaXが解散したらどうなるか?」をコンセプトに映像を作りました」と大樹が説明し、「心配しないでください、PrizmaXは解散しないので!」とファンを安心させる。

続いてウィンが、新曲「yours」がテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』主題歌として使用されることを改めて伝え、「今日は『yours』をやりたいと思います!」と、「yours」を初披露。

ウィンのアカペラで始まった、しっとりしたミディアムバラード「yours」。少し大人っぽい世界観を色気ある歌声で歌い上げ、パフォーマーは歌詞世界や感情を振り付けで表現し、曲の魅力を引き立てた。アンコールラストは、再び「Memory」を披露。PrizmaXのこれからに期待が高まる壮大なラストとなった。またこの日、2018年2月14日にリリースされるニューシングル「yours」の詳細と新ビジュアルが解禁。さらに2018年に全国ツアー『PrizmaX Hall Tour Level 7 〜FUSION〜』が開催されることも発表された。

TEXT BY フジジュン

PHOTO BY 笹森健一

リリース情報



2018.02.14 ON SALE

SINGLE「yours」

ライブ情報



「yours」リリース記念フリーライブツアー

12/29(金)東京・ダイバーシティ 東京プラザ

2018年

01/06(土) 広島・広島駅南口地下広場

01/20(土) 神奈川・アリオ橋本

01/21(日) 北海道・札幌PASEO

02/03(土) 福岡 ・小倉駅前アイム

02/10(土) 埼玉・ららぽーと新三郷

02/11(日) 千葉・アリオ柏

02/14(水) 東京・ららぽーと豊洲

02/17(土) 大阪・なんばOCAT

02/18(日) 愛知・アスナル金山

PrizmaX Hall Tour Level 7 〜FUSION〜

06/02(土)大阪・NHK大阪ホール

06/16(土)千葉・市川市文化会館 大ホール

PrizmaX OFFICIAL WEBSITE

http://www.prizmax.tokyo/




































[TYPE-A]

[TYPE-B]

[TYPE-C]