愛人契約の良し悪しは企業と同じく信用力が物をいう

写真拡大

 こんにちは。東條才子と申します。ごく普通のアラサーOLですが、「愛人」として、常時4〜5名の富裕層とお付き合いをしております。

 今回は、愛人業を営むにあたって、いかに顧客男性から「信用」を得るかというお話です。

 当たり前のことですが、愛人契約に、法的な拘束力はございません。法律で守られた結婚制度とは異なり、愛人関係では、お客様に「別れよう」と言われたら最後。「はい、分かりました」と言って引き下がるしかありません。

 顧客のAさんと私の間に、法律で決められた「扶養義務」はないのでして、どちらかがイヤになったらおしまい、ということになります。この点で、愛人関係は、法律婚よりも「ビジネスのお取引関係」に近いといえるでしょう。

 ビジネスの取引関係で最も大切なのは、「信用」です。これがなければ、会社同士の取引はハイリスクなものになってしまいます。

 ふつう、大企業を相手にしたお取引は、金額が大きくなっても「安心」しがちですね。その会社に「信用力」があるからです。信用力が大きいために、相手もこちらへ動かせるお金が大きくなるのです。

 これが中小企業ですと、やや信用力が落ちて参ります。信用力のない企業相手に、何百億の売掛はできません。「ちゃんと支払ってくれるのだろうか」と、不安になるからでございますね(業種にもよりましょうが)。

 これを、男女の関係に当てはめてみましょう。銀座の高級クラブで遊ぶ「社用族」(という言葉もずいぶん古くなりました)は、何十万、何百万というカケを作ることができます。クラブ側からすればハイリスクな高額取引も、企業名という「信用力」によって可能になるんですね。

 一方、出会い系サイトで知り合った見ず知らずの男女が、最初から何十万もの取引を行うことは通常、ありえません。互いに信用力がなさすぎて、高額を動かすリスクを負えないんですね。

◆こういう愛人なら安心して取引できる

 男性は、「信用力」がない愛人に対して、大きなリスクを負いたくありません。お取引をするとしても、何人かの愛人に、それぞれ小口(10万円未満)の手渡しにするなどして、リスクを分散させるでしょう。

 大きなお金をいただくには、当社(私)に対して、顧客(男性)が「ハイリスクな高額取引を行ってもよい」と判断していただかなくてはなりません。

 そのために私が実践しているのは、いわゆる「IR」活動です。企業でいう宣伝・広報活動ですね。愛人関係に当てはめますと、私の現在の労働環境、収入、目標などを明確にし、積極的に開示することです。

 特に必要なのは、「キャッシュフロー」の明確化。私が日々、どれくらいの収入を得て、どれくらいの支出で生活しているのかを、少しずつ顧客に「刷り込んで」いくのです。財務諸表でいうところの「キャッシュフロー計算書」を積極的に開示することで、男性に対し徐々に「信用力」を上げていくことができるんですね。

 私がお相手とする、中小企業クラスの男性(第16回参照)は、特にリスク配分に敏感です。彼らは、できれば「自分のなげうったお金の実態を把握したい」と願っています。愛人サイドの「お金の流れ」を見たいんですね。それがはっきりしませんと、男性はひたすらに「貢がされている、騙されている」と感じてしまうのです。

「あなたのお金は、こうして使われ、実益になっていますよ」ということが分かれば、男性の満足度は飛躍的に向上します。

 次回は、どのようなキャッシュフローが男性を満足させるのか、具体例をあげてご説明したいと思います。

<文・東條才子>