資料写真

写真拡大 (全2枚)

(台北 24日 中央社)クリスマスイブとなる24日夜、中央気象局によれば、北東からの季節風が強まり、各地で翌25日早朝にかけて気温がぐっと下がる。25日、北部では日中も気温が上がらず、1日を通して寒さが感じられるクリスマスになるという。

24日、東部や北部の一部で雨がぱらついた以外は、各地で晴れや曇りとなった。最高気温は、北部で21〜22度、中部で23〜24度、南部で23〜27度まで上がるが、夜から翌25日早朝にかけて気温が低下し、北部や中部で13〜15度、南部で16〜18度まで下がると予想されている。25日の日中の最高気温は、北部では16〜19度までしか上がらないが、中部や南部では21〜24度に達するという。

26日の早朝も冷え込む。日中は、各地で気温が上がり、晴れや曇りになると予想されている。

(陳葦庭/編集:楊千慧)