泉谷しげる、テレ東に「池の水ばかり抜いているんじゃねーぞ!」

写真拡大

北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎の3人が、還暦を過ぎた自警団の“おっさん”を好演する新春ドラマ特別企画『三匹のおっさんスペシャル』(テレビ東京系、2018年1月2日21時放送)の完成披露記者会見が24日、都内で開催。北大路、泉谷、志賀と、本作で“再凶の敵”を演じたプロレスラーの天山広吉が出席した。

元悪ガキ3人で結成した私設自警団“三匹のおっさん”が町内の悪を成敗する本ドラマもこれで4年目。今回は三根梓、藤田弓子、中田喜子といったおなじみのレギュラー陣に加え、檀れい、西村和彦、木下ほうか、伊東四朗というお正月ならではの豪華ゲストも出演する。

北大路は「もう4年目になりますが、正月のスペシャルとして今回も3人が揃うことができて嬉しく思います」と感慨深げ。「3人でチームを組んで3年目。それぞれわがままですから最初はいろいろありましたけど、まとまったらもう大丈夫。チームワークは最高ですよ」と3人の息のよさも強調し、「日光などでのロケもあり、個人的にも楽しい仕事になりました。この作品に入ると本当に元気な気持ちになれるんですよ」と撮影も楽しんだことを明かした。

3人はドラマの中で年齢を感じさせないハードな殺陣シーンにも挑戦しているが、泉谷は「殺陣はグレードアップしていてすごいですよ。残酷さもなく、手間隙もかかっていましたから。格闘シーンも(いつもより)長かったんじゃないですか。こっちも歳をとってきていますからあれをやらされるのかって思うと、ちょっと恐怖でした」とコメント。ドラマの完成度にも自信たっぷりで、「今回はさすが時間も金もかかっています。テレ東が真剣に取り組んだドラマ」と述べ、「テレ東は普段池の水を抜いたり、金のかからないことばかりやっていますが、今回は金もかかっています。テレ東、池の水ばかり抜いているんじゃねーぞ!」と雄たけび。また撮影中、志賀が『陸王』(TBS系)の撮影があり、現場で北大路と二人ぼっちになることがあったことを振り返り、志賀に「一人『陸王』に出やがって。バカヤロー!」とうなりを上げる一幕もあった。

イベント終盤には天山も登場し、志賀を相手に劇中のバトルシーンを再現。ド派手な寸劇を披露し、モンゴリアンチョップを繰り出すなどサービス精神たっぷりのパフォーマンスを見せ、北大路は「僕はプロレスの大ファン。撮影中もいろいろお話をさせてもらって、そばにいるのが幸せでした」とにっこり。天山は「プロレスの試合の時より緊張したんです。何とか無事にできましたが、有名な3人と共演できてありがたかったです」としみじみ。志賀はスタンガンで天山と立ち回るシーンがあったが、「お顔が優しいのでスタンガンを当てるのが忍びなかったです」と感想を述べ、会場を笑わせていた。