新型BMW X3の試乗と同時に、2017年8月末に一部改良を受けたBMW X1(sDrive18i M Sport)に乗ることができました。

試乗ステージの箱根ターンパイクは、多様なコーナーや勾配が連続し、全高と重心高の高いSUVにとっては不向きともいえますが、X1はX3と乗り比べると軽さが際立っていて、FFでも予想以上に軽快なハンドリングが味わえます。

なお、試乗車の新型BMW X3(X3 xDrive 20d M Sport)は2.0L直列4気筒ディーゼル+4WDということもあって、1860kgという重めの重量。一方のBMW X1(sDrive18i M Sport)は、1.5L直列3気筒+FFという構成で1520kgと、同じエンジンを積むBMW 3シリーズ(セダン)と比べても30kgほど軽くなっています。

X1はアクティブツアラー/グランツアラーなどと同じ、コンパクト向けのFFプラットフォームを使っています。冒頭で紹介したように、2017年夏にsDrive18i系グレードを6ATから7速DCT化。

気になる変速フィールは、DCTでも極変速時の動きに違和感はほとんどなく、登り勾配でゆっくり走り出すようなシーンではトルコン付のATほどではないものの、目くじらを立てるほどのギクシャク感はありません。2ペダルMTであるダブルクラッチだからといって購入をためらうほどのマイナスポイントではないと言えるでしょう。

走り出しからさらに加速させると、DCTらしくスムーズなのに「変速している」と感じさせるフィールはスポーティさに拍車をかけます。

140ps/220Nmというアウトプットの1.5L 直列3気筒ツインスクロールターボは、先述した1520kgという重量に対して、発進時の加速感にモアパワー(モアトルク)を抱かせることもありません。箱根ターンパイクの登り勾配では中間加速から高速域で息切れも感じさせますが、それはある程度の速度域でしかも急勾配という状況ですから、日常域で遅いと感じることは少ないのではないでしょうか。

3気筒であることは音や振動面で多少のネガとして感じさせるものの、その点はおそらくBMWは割り切っていて、それよりも滑らかな回り方や実用域のパワー感(トルク感)、省燃費性などに重きを置いている感じを受けます。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

【関連記事】

【BMW 3シリーズ試乗】軽やかなフットワークと3気筒とは思えない滑らかな加速フィールが魅力の「BMW 318i Sport」

https://clicccar.com/2017/12/18/540296/

【新型BMW X3試乗】大きくなった新型も「らしい」フットワークは健在か?

https://clicccar.com/2017/12/04/536630/

【BMW X1試乗記】予想以上に軽快なハンドリング、新たに採用した7速DCTのスムーズな走りが光る(http://clicccar.com/2017/12/24/541896/)