写真=iStock.com/kazoka30

写真拡大

重要な約束を忘れる。ボーっとしている時間が長い……実家の親の様子がおかしいとき、認知症を疑うべきかもしれない。動揺しては、事態は好転しない。冷静に正しく対応するため、必要な知識をご紹介しよう。第1回は「認知症とはどんな病気なのか」――。(全5回)

■70以上の病気による症状が「認知症」

約15%。これは厚生労働省が発表した、2012年の時点で、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人の割合である。これが25年になると730万人に増加すると予測。65歳以上の5人に1人が認知症を発症する見込みで、もはや認知症は「国民病」なのだ。

そもそも認知症とはどんな病気なのか。勤医協中央病院名誉院長の伊古田俊夫氏は、次のように説明する。

「認知症とは、ひとつの病気ではなく、70以上の病気による一定の症状を表します。脳の精神機能、知的機能を担う領域が侵され、記憶、理解、判断など高次脳機能障害が多様に出てきます」

認知症は大きく分けて、「脳変性疾患」と「血管性認知症」の2種類がある。前者は本来なら排泄物として体内から出ていくはずの脳内のタンパク質が、脳のなかに徐々にたまっていき、それが原因で脳細胞が壊れていく。よく耳にする「アルツハイマー型」を筆頭に、「レビー小体型」「前頭側頭型」などはこのタイプだ。

もうひとつは脳梗塞や脳出血など脳血管障害の後遺症として発症する「血管性認知症」である。脳の血管が切れたり詰まったりすることで、一時的に脳への血液の供給が途絶え、脳細胞が部分的に死んでしまう。

「脳変性疾患は何十年もかけてゆっくり進行していくので、本人も周囲も認知症になったことに気がつきにくい。その点、血管性認知症は脳卒中という大きなきっかけがありますから、比較的気づきやすいといえます」(伊古田氏)

統計によって数値は異なるが、発生がもっとも多く、全体の半分を占めるのがアルツハイマー型。その他、血管性認知症、レビー小体型が約1〜2割と見られる。

■新しい診断基準・社会的認知とは

そして認知症の症状は、表のように中核症状と行動症状、心理症状に分かれる。中核症状は脳の障害からくる症状で、すべての認知症患者に共通するもの。「新たなことを学習し、記憶する」「自分の置かれた状況を理解する」「言葉を正しく理解し語る」などの能力が損なわれていく。一方、行動・心理症状は中核症状と違ってすべての患者に表れるわけではない。徘徊、妄想、無関心など、個々人の体調や生活環境に影響されて表れるものだ。

なお認知症かどうかは、アメリカの精神医学会が発表する診断基準(DSM)に照らし合わせて判断される。これまでは特に記憶障害が重要視されていたが、13年に診断基準が新しくなり、あまり考慮されてこなかった「社会的認知」の障害が、診断する基本項目のひとつとして追加された。

「『社会的認知』とは社会において人と人の絆や相互理解を築くために必要な認知機能。具体的には他者への共感や、社会性・協調性といった『心』や『感情』に近い領域です。このように対象が広がったことで、認知症への理解がさらに進むことが期待されています」(同)

----------

伊古田俊夫
1949年生まれ。勤医協中央病院名誉院長。社会脳科学の立場から認知症の臨床研究を進める。近著に『40歳からの「認知症予防」入門』(講談社ブルーバックス)
 

----------

(ライター&エディター 長山 清子 写真=iStock.com)