22日、神奈川新聞記者で同紙「時代の正体」取材班に所属する草山歩氏が自身のTwitter上で、外国人スタッフをめぐるコンビニのはり紙を紹介し、大反響を呼んでいる。

草山氏は「泣きそう」と感動しつつ、同社近隣にあるコンビニのはり紙を撮影した画像を投稿。そのはり紙には、大きな赤字で「スタッフへの暴言、暴行、中傷など。があった場合は各部署に連絡させて頂きます」と書かれていたのだ。

なんでも、このコンビニでは外国人スタッフを積極採用しているそう。店側は「言葉の壁などでお客様にご迷惑をおかけすることもあることと思います」と断った上で、「(外国人が)異国の地で働くのは容易ではありません」「勝手なお願いではありますが暖かく接して頂けると幸いです(原文ママ)」と、利用客に理解を求めていた。
このツイートは、24日10時の時点で1万8000件以上のリツイートと、2万5000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で大きな話題となっている。

【関連記事】
「ガイアの夜明け」が特集、外国人技能実習生問題…ネットで話題の企業がコメント
上沼恵美子が「外国人のタレントさんって嫌い」とぶっちゃけ発言
杉村太蔵が外国人介護士に本音…東国原英夫氏が「差別だ!」と追及