23日放送の「聞いてた話と違います!」(フジテレビ系)で、モデルの結子が、業界に広がるセクハラの実態を明かした。

作家のはあちゅうこと伊藤春香氏が、電通在籍時代、同社の有名クリエイターからパワハラとセクハラを受けた過去を告発するなど、各業界で女性が被るセクハラが最近話題に上っている。

そんな中、番組に現役モデルがゲストで登場し、華麗なイメージとは対極にある、リアルな現実の数々を明かしていった。「JELLY」専属モデルの遠山茜子は、自身にまつわる逸話を披露。上京後、わずか1年で雑誌専属モデルに抜てきされたため、仲の良い友人から枕営業のうわさを立てられたというのだ。

このエピソードをきっかけに、MCの東野幸治が「危ない目に遭ったことがある人」の話を求めた。ここで結子が、ある大手ブランドの社長が「俺と寝たらブランドのモデルに使ってやるよ!」と迫られた過去を告白したのだ。

結子は「ここで私が(社長と)寝たら、あの広告に載れるかも!」とひどく迷ったそう。だが、仲の良い友人に止められたため、踏みとどまったという。ところが後日、自分を説得した友人がそのブランドのモデルに起用されていたというのだ。この暴露話に対し、スタジオから悲鳴が巻き起こっていた。

【関連記事】
小木博明が日本の枕営業の実態を指摘「5番手、6番手ぐらいの女の子はある」
元テレビ朝日アナウンサーの南美希子が枕営業をしていた女性の末路を語る
駒井千佳子氏 枕営業への考え方の違いで解散したグループを規制音付きで暴露