U-18日本代表の主将も務める土浦日大・高原晟也【写真:平野貴也】

写真拡大

ウインターカップ男子1回戦、終了間際に逆転勝ち「勝負なので、やるしかないと」

 熱戦に終止符を打ったのは、U-18日本代表の主将を務める高原晟也だった。ウインターカップ2017全国高校バスケットボール選手権大会が23日に東京体育館で開幕し、男子の土浦日大(茨城)は85-83で東海大諏訪(長野)を下して2回戦に進んだ。

 試合終盤の残り16秒2、82-83の状況で相手がファウルをすると、土浦日大はすかさずタイムアウト。残り時間を使った最後の攻撃を決めたのが、高原だった。右サイドで相手のダブルチームを振り切って、ゴール下へドライブ。エースの価値を証明する一撃を決め、残り4.5秒で84-83と逆転に成功した。最後は、相手のファウルで得たフリースローで加点。激戦を勝ち切った。

 高原は「自分の感性。セットプレーじゃない。練習から自分たちで考えてやって来た。3ポイントはマークされるので、最後は中で取ろうと思って中に行った。(2人がかりでマークされても)勝負なので、やるしかないと思った」と勝敗を決めたプレーを振り返った。

 エースの意地が見られた。高原は序盤から厳しいマークを受けて苦しんでいた。前半はミドルシュートを決め切れず、フリースローも落とすなど、不調で7得点に抑えられた。それでも「自分が動くことで相手のファウルを釣れた。シュートは落としたけど、最後は相手が5ファウルになったので、良い結果につながったと思う」と我慢強く戦い続けた。

指揮官が最後のタイムアウトでかけた言葉「『オレが高原だ!』と思うようなプレーを」

 そして、後半は要所で得意の3ポイントシュートを決めるなどエースとしての役割を果たし、最後は自分で勝負を決めてみせた。不調でも、相手が強くても、チームを勝たせるのがエースだ。高原は「後半途中までチームに迷惑をかけて来た。先生にも、仲間にも『最後は自分で決めろ』と言われたので、全部自分が決めるつもりでやった」とエースの矜持を示した。

 初戦の硬さ、相手の強さと難しい部分はたくさんあったが、エースの活躍で乗り切った。

 佐藤豊コーチは「高原のところに2人がかりで来るのは承知の上と言っていたが、ちょっと戸惑ってしまっていた。彼は彼で精一杯やってくれた。とにかく、相手は2人が5ファウル(で退場)をするくらいの覚悟で来るぞと言っていたし、実際に1人がファウルアウトになって、2人目にマークに来た選手も4ファウルだった。でも、それはもう当たり前の話。相手が最後のタイムアウトを取ったときに『オレが高原だ!』と思うようなプレーをやってくれと言った。そうしたら、すぐに(75-76から)3ポイントを決めてくれた。今日は宿舎に帰って褒めてやろうと思う」とエースを労った。

 25日に行われる2回戦では、シードの聖和学園(宮城)と対戦する。エースが調子を上げれば、41年ぶりの優勝が見えて来る。(平野貴也 / Takaya Hirano)