BOOWYへの感謝の思いが30年の時を経て送られる。伝説のロックバンド、BOOWYが解散コンサートをおこなった日でもある12月24日、朝日新聞朝刊(全国版)に「THANKS BOOWY」というメッセージとそれを囲む482人の名前が載った全15段の広告が掲載された。

 音楽配信大手・レコチョクが運営する、共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」が呼び掛けた「12月24日の新聞紙上でBOOWYにお祝いメッセージを伝える」プロジェクトが、サポートしたファンとともに広告掲載したもの。

 1987年12月24日。東京・渋谷公会堂公演で解散を宣言したBOOWYは、翌日、新聞広告で「BOOWY解散。」とファンへ解散を知らせた。今年はBOOWYのデビュー35周年であり、解散告知から30年後の12月24日に、今度はファンからBOOWYへ、BOOWYが解散を伝えた新聞広告を使い、「35周年をお祝いする」気持ちをカタチにできる場を用意しようと、このプロジェクトがスタート。

 プロジェクトをサポートしたファンの中には、「30年前の12月25日 あの新聞の広告を見て涙しました」という方、「解散宣言から30年経ったあの時と同じ日に同じ媒体で感謝を述べられるなんて」という声が寄せられ、また、BOOWYに感謝の言葉が送られて嬉しいという感謝の声が届いている。

 また、このプロジェクト立ち上げのもう一つのきっかけとなったのが、2017年12月24日にリリースされる映像作品『BOOWY 1224 -THE ORIGINAL-』。今年、突然の解散宣言を収めたオリジナルフィルムが新たに見つかり、LAのスタジオで4Kスキャニングし、デジタル映像データ化、BOOWY作品を数多く手がけた映像ディレクター前嶋輝氏が新たな編集を施し、初のHDおよび4K・HDR化、16:9画角で復元され、DVD、Blu-ray、そして日本の音楽ソフトでは初となる4K Ultra HD Blu-rayの3形態でリリースされる。

 熱狂、そして奈落。絶頂と悲しみを同時に体感したこの日、クリスマスイブの渋谷公会堂が、新たな映像となって日本ロック史に永遠に語り継がれる。WIZYは、今後もアーティストとファンの“想い”をつなぎ、その実現をサポートしていくとしている。

 なお、BOOWYの左から3つ目の「O」は、ストローク符号を付したO。