12月17日、第48回防府読売マラソンで、「日本視覚障がい者女子マラソン選手権大会」が併催され、リオデジャネイロパラリンピック銀メダリストの道下美里が自己ベストをマークして優勝した。2時間56分14秒というタイムは、ロシア選手の持つT12クラス(重度弱視)の世界記録を2分9秒も上回る堂々の記録だった。(12月20日現在、国際パラリンピック委員会に世界新記録として公認申請中)


最後はガイドランナーの志田淳さんの手を離れてゴールした道下美里選手

「(練習通り)普通に走れば、記録は出ると思っていました。ゴールしてうれしくはありましたが、できれば、2時間55分を切りたかったので、『まだまだ』だなと思っています」

 快走に見えたレースを、道下は冷静に振り返った。世界新は最終ゴールではない。昨年、リオで銀メダルを獲得しても、「悔しさが一番」と言い、リオから1年が経ってもその思いは変わらず、むしろ強くなっているように感じた。今は、「2020年東京パラリンピックでの金」だけを見ている。

 リオでは金メダルのエレナ・コンゴスト(スペイン)に5分以上も水をあけられた。負けたことより自分で決めたペースで走り切れなかったこと、そして何よりも、「スタートラインで、『スピードで劣っている』と守りに入った」ことを反省点に挙げる。

 リオのスタート時点で、目安となる5000mのベストタイムは道下が19分39秒台。コンゴストは18分30秒台で当時、世界ランキング1位だった。リオではスタートから離されたものの、体感で30度を超す過酷なレース環境に、「コンゴストも後半は落ちてくるはず」と見込んだ。しかし、むしろ道下のほうが「前半は抑え、後半ペースアップ」というプランを守れず、「暑さの中でペースを上げようにも体が動かなかった」と振り返る。

 リオを終え、「圧倒的なスピードをつけ、東京のスタートラインには自信を持って立つ。今度こそ、悔いのないレースをする」と誓った。まず、東京までの4年間、大まかにマラソンの目標タイムを決めた。今年冬には2時間55分台、2018年は52分台、19年に50分台と上げていき、2020年は得意の走り込みで最後の仕上げを目指す。

 その1年目の今年は基礎スピードの養成として、「5000mで18分台」を目標に掲げた。距離はいくらでも走れるが、スピード練習はもともと苦手だった。故障のリスクも大きいので、これまでは敬遠しがちだったが、今年は果敢に取り組んだ。実際、足に痛みが出ることもあったが、「自分の特性を知るいい機会」と前向きに捉えた。

 例年よりトラックレースにも積極的にエントリーし、5月には5000mで19分10秒66の自己新をマークした。その後、猛暑下のレースがつづき、18分台という明確な結果は出なかったが、「(防府マラソンでは)これまできつかったけれど1km4分8秒というペースが楽に感じられた。スピード練習の成果だと思う」と手応えは掴んだ。

 来年はトラックでも結果を出し、「スピードもあるぞ、ということを示したい」と意気込む。さらに東京大会での暑さ対策を見据え、8月開催の北海道マラソンにも照準を合わせ、「夏マラソンへの自信をつけたい」と新たな目標にも挑むという。

 道下は中学時代に右目を失明。左目も今はほとんど見えない。だから、目の代わりとなる伴走者とのチームづくりが欠かせない。力を引き出してくれる大切な存在でもあるからだ。

 防府で出した世界新の記録については、「3年分の思いがあるので、すごくうれしい」と喜びも口にした。というのも、2014年にこの大会で当時の世界最高となる2時間59分21秒を出すも、翌15年4月、ロシア選手に2時間58分23秒で塗り替えられた。道下は15年、16年の防府でも記録に挑戦した。だが、両年とも「世界新ペース」を刻んでいながら、レース終盤、伴走者にアクシデントが発生し、涙を飲んだ。


明るい笑顔がトレードマークの道下美里選手

 アクシデントは伴走者たちが自身のコンディションより道下のサポートを優先したからでもあった。「ブラインドマラソンは『チーム戦』。私の配慮が足りなかった。いい勉強になった」と前を向いた道下。だからこそ、3年越しの記録達成には、「みんなで取りに行った世界記録」と安堵の笑顔を見せたのだ。

 そんな経験もあり、リオ後はあえて、さまざまな伴走者と組むようにしている。実は11月にも走り込みの一環で2本のマラソンレースに出たが、すべて異なる4人の伴走者と走っている。今回の防府マラソンは、「このレースにベストな2人」と総合的に判断し、今年4月のロンドンマラソンで共に金メダルを獲った青山由佳さん、志田淳さんと走った。

 レースはスタート直後の混雑で他のランナーとの接触が何度かあったり、追ったり向かったりの強い風にも翻弄され、「序盤の入りはよくなく、20kmまではすごく苦しかった」という。1劭簡8秒で刻んでいく予定が、ペースはバラバラ。前半伴走の青山さんは前向きな言葉をかけ続けたが、安定しないリズムは高速ピッチで一定ペースを刻むのが持ち味の道下を不安にさせた。

 20km地点で交代した後半伴走の志田さんは、青山さんから伴走ロープを受け取るとすぐ、「いいペースで来たね」と道下に声をかけた。「その一言で、私の気持ちが変わった。もう一度レースと向き合ったら、いい感じにペースが刻めるようになった。あそこで諦めていたら、(世界新)達成はなかった」と感謝する。単独走だったら、切り替えられず、そのまま失速していたかもしれない。

 山口県下関市出身の道下にとって、防府は慣れ親しんだ地元の大会でもある。沿道からは、「中野さん!」と旧姓での声援も聞こえたという。また10人を超える伴走者や支援者からなる「チーム道下」のメンバーも沿道から、あるいは単独走のランナーとしてコース上から励ました。「30km過ぎからは気持ちを切らさず行こうと、沿道や他のランナーからもらう声援を全部力に変えた。最後はすごく楽しく走れました!」

 4年計画1年目の集大成となるレースで感じた「まだまだ」は、伸びしろの証(あかし)だ。

「東京で金メダル」――。リオのゴールで誓った思いに、ブレはない。好記録もその一歩。最高の笑顔は、まだお預けだ。



週刊ヤングジャンプ×Sportiva共同編集
「東京2020 パラリンピックジャンプ vol.1」
道下選手のインタビューも掲載!

好評発売中!

詳しくはこちら>>