高性能とウエット性能の高さをアピール!

 横浜ゴムは、2018年1月12日(金)から14日(日)まで幕張メッセで開催されるカスタムカーの祭典「東京オートサロン2018」に、タイヤとホイールでそれぞれブースを出展する。グローバル・フラッグシップブランド「ADVAN(アドバン)」を中心に“ハイパフォーマンスなヨコハマ”を、加えてウエットグリップに優れたアイテムも多数展示し、“雨に強いヨコハマ”という2つのポイントをアピールする。

 タイヤブースでは、アドバンレーシングタイヤをワンメイク供給しているアジア最高峰のフォーミュラレース「スーパーフォーミュラ」の2017年チャンピオンマシンを展示。また、世界有数のプレミアムカーに新車装着されている「ADVAN Sport V105」や、新商品でヨコハマタイヤ史上最高の静粛性を持つ「ADVAN dB V552」、待望の復刻となった名作「ADVAN HF Type D」を展示する予定だ。

 これらの各製品を装着した欧州車や国産車のドレスアップ&チューニングカーも展示し、幅広い車種に対応するカスタマイズへの可能性を提示する。購入やカスタムを予定している人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

 また“雨に強いヨコハマ”として、アドバンに加えてハイパフォーマンス低燃費タイヤ「BluEarth-A」など低燃費タイヤでありながら国内タイヤラベリング制度で最高グレードのウエットグリップ性能「a」を獲得した製品を紹介し、ハイレベルな技術力を主張する。

 さらに、アドバングッズの販売コーナーのほか、ステージイベントではヨコハマタイヤで活躍するスーパーフォーミュラやSUPER GTに参戦するチーム、ドライバーによるトークショーなどを予定している。

 ホイールブースでは、「ADVAN Racing」ブランドをメインに、初公開となる新商品を多数紹介する予定。鍛造モデルではアドバンレーシング史上初となる迫力満点のフルフェイスデザインとなる「ADVAN Racing RZ-F2」と、新たにモデルチェンジする「ADVAN Racing TC4」を装着車両とともに展示される。

 同社のブース以外にも、ADVANなどのタイヤやホイールを装着したカスタマイズカーが多数展示される予定だ。ぜひ展示車の足もとにも注目してほしい。