宮原さん、坂本さん、平昌に行ってらっしゃい!

全日本フィギュア選手権、女子シングルの戦いが決着しました。僕もこの戦いを現地で見守り、素晴らしい体験をしました。誰かのミスで決まるのではなく、それぞれが自分のチカラを出し、相手を上回って順位をつける尊い戦い。レベルの高い試合を見守れたこと、自分にとっても最高のクリスマスプレゼントとなりました。

優勝は全日本4連覇で平昌五輪内定を決めた宮原知子(※さとこ)さん、2位はSP首位発進から最終滑走をノーミスでやり抜いた坂本花織さん。ふたり以外のどの選手も素晴らしく、枠の足りなさを嘆くしかないのですが、平昌には1位・2位でこのままふたりを推したいと思います。

規定を理屈でこねくりまわせば坂本さんと4位の樋口新葉さんとどちらを選ぶかは、かなりもつれるかなと思います。樋口さんを選ぶという判断があったとしても、それは十分に筋が通るものだとは思います。ただ、まぁ、そのへんが「わからん!」からこその直接対決でもあり、わからん同士が直接やり合ってついた順位こそが、唯一神聖な答えだと僕は思います。つくづく3枠欲しかった。やはり僕の独立建国一夫多妻制フモ国誕生が待たれますね。

まりんちゃんとのクリスマスが始まる……!!

フモフモ編集長さん(@fumofumocolumn)がシェアした投稿 -



会場で見守る試合はまた格別なもの。選手たちのスピード感やジャンプの高さ・幅といったものも実感しやすく、技そのものを見るにあたっては距離による不便もあるものの、出来栄えという意味ではより伝わる部分もあります。順位が下の選手であっても、大きなジャンプや映えるスピン、しぐさのかわいらしさといった魅力がそれぞれにあり、あっという間に時間は過ぎていく感覚です。

何よりも、基本的なレベルが高い。「3Lz+3T」といった3回転のコンボは一昔前なら「できる」だけで世界に通じる武器だったものですが、今はできること自体は当たり前。どれだけ出来栄えがよく、しかもプログラムのなかで効果的に活かされているかが問われる。黄金世代が去って、瞬間的に苦しい時間もあった日本女子ですが、猛烈なベースアップでつぼみが開き始めています。層が厚い!

↓横井ゆは菜さんの「バーレスク」は鈴木明子さんならではの振り付けもあって、とても印象的!

衣装もかわいいし、あっこさんばりの「どやさ」も素敵!

プロトコルを見たらGOEのマイナスがひとつもないイイ演技!

もし世界ジュニア代表に選ばれたら、世界の舞台でどやさってきてください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バーレスク【Blu-ray】 [ シェール ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/12/24時点)



五輪代表をかけた頂上決戦というところでは、口火を切ったのは第3グループの三原舞依さんから。これまでもSPで出遅れ⇒フリーで猛追のコンボを見せてきた三原さんは、この日もショートの出遅れを取り戻してあまりある好演技。ジャンプをすべて終えたところではちいさくガッツポーズも繰り出します。

「勝負」を仕掛けることができた演技に本人も涙、観衆も立ちあがっての大歓声。今日はいい戦いになる。伝説の死闘にふさわしい熱演でした。結果としては、今回は五輪には届かない位置におさまりましたが、今日の熱演を4年後を目指すスタートの号砲としてほしいものです。よく頑張った!

↓そういう頑張った選手にこういう見出しをつけるのは感心しない!

巻き返したんだけど、追いつかなかっただけ!

この紙一重は4年後に取り返す!

三原さんのトータルスコアが204.67点。五輪の代表になるなら200点はもはや必要条件ということか。ほとんどの国でナショナルチャンピオンになれそうな得点ですが、日の丸を背負うのはそれだけ難しいことなのです。はたして最終グループからは何人がこの大台に乗せてくるか。僕の推しには自己ベスト更新が求められる高いハードルです。

最終グループ・1番滑走は樋口新葉さん。五輪を意識し、芸術とエンタメを兼ね備えた「007」の演目。ワカバボンドは緊迫のダブルアクセルをキレイに決めると、序盤の見せ場となるコレオシークエンスまでほぼ完ぺきな滑り出し。サルコウが抜けて2回転になるミスはありますが、それを引きずることもなく、後半の4連続のジャンプ部分もしっかりと決めます。聞けば公式練習で足を痛めていたといいますが、まったくそれを感じさせない動きです。

「大舞台に弱い」という評が生まれつつあり、硬さが弱さにもなっていた樋口さんですが、このフリーでは自分に負けず、戦い抜くことができたと思います。演技後に氷を拳で叩いた仕草、それは感謝の合図。もし氷に「まだ終わりじゃないですよ」と呼び戻されることがあったなら、次こそは過去の自分を超えるベストの演技を。「バキューン!」はもうちょっと長くやってもいいと思いました!

↓負けたら終わりの全日本でこの演技ができたことはきっと自信になる!

氷を叩いた仕草、僕の邪悪な心は「われろー」「われろー」「他選手が滑るときにわれろー」という呪いかなと思ってしまいました!

違いましたね、ごめんなさい!

つづいて登場は紀平梨花さん。すでに世界ジュニアの内定を決めており、五輪は年齢制限で無関係。その辺もあってか表情も非常にリラックスしています。練習でも軽やかに決めていたトリプルアクセルを、3A+3T、3Aとやすやすと決めてみせます。ショートと合わせて3本成功。成功率、完成度、素晴らしい。往時の浅田真央さん以来のトリプルアクセルの使い手です。

ループでひとつ目立つ失敗があったにも関わらず基礎点では全選手トップ、出来栄えを含めて80点に迫る構成は圧巻の一言。高さと質からいって4回転も普通に跳べてしまいそうです。手先までキレイに伸びる所作のキレイさや、まったくブレないスピンの回転軸など、ジャンプ以外の部分でも土台のスケールの大きさをいたるところで感じさせます。

そして、品のあるかわいらしさがとてもイイ。よすぎて心配になるほどイイ。僕が言うのもブーメラン的でアレかもしれませんが、世間には本当にロクでもないゴミのような大人がたくさんいるので、それに毒されることなく、どうかこのまま大きくなってほしい。「また日本は神様から逸材を預かってしまったな」「今度こそ大切にしなくては」「ロクでもない大人よ滅べ!」という想いでいっぱい。僕のオススメはとっとと外国に拠点を移すことです!

↓邪気のない笑顔で樋口さんを上回った紀平さん!


「うわ」
「2位と3位ならまた違った印象もあるものを」
「2位と4位にされた…」
「痛恨の台落ち…」
「ジュニアに出戻って白黒つけたろうか!」
「撃つぞ!バキューン!」
「叩くぞ!拳コンコン!」

そして3番手は真凜ちゃん。冒頭のトリプルルッツ、トリプルフリップと決めると、伸びやかなスケーティングで魅せるステップなど、五輪を狙って懸命の滑りを見せます。中盤でルッツが抜けて2回転となり、その時点で逆転まではもう苦しいなということを悟っても、少しでも得点をという粘りも見せました。最後までやりきった。

しかし、もうひとつ突き抜けるところは見せられなかった。演技後に落胆の顔を見せるようだと、真凜ちゃんらしさは出てこないかなと思います。勝っても、負けても、いい日でも、ダメな日でも笑顔。演技の出来栄えに左右されるようでは、女優魂もまだまだでしょう。今季はショートの曲をひらめきで直前変更したり、コーチに練習不足を諭されたり、演技構成もなかなか定まらなかったり、「構成を落として堅実に行く」なんて判断もあったり、「五輪で戦う」態勢を作れていなかったかなと思います。

ジュニアのライバルが戦っている場所を見れば、真凜ちゃんがここで止まってしまうはずはない。真凜ちゃんのクリアファイル、真凜ちゃんのふとん、真凜ちゃんの写真集、真凜ちゃんの映像作品、真凜ちゃんディナーショー、僕がほしいたくさんのグッズを生産させるには、まず結果が必要です。結果なくしてグッズなし!この悔しさを来季へのスタートラインとして見返してほしい。泣いてる顔もかわいかったけど、やっぱり笑顔が見たいから!

↓真凜ちゃんが吸って吐いた全日本の空気、悔しさの味を僕も覚えておきます!


野球のイチローは一年中休まないらしいぞ!

今日から新たな目標に向かって練習を始めよう!

なんとなーく冷ややかだった会場の空気に負けるな!頑張れ!真凜ちゃん!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

続ける力 人の価値は、努力の量によって決まる [ 若田 光一 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/12/24時点)



4番手登場は本命・宮原知子さん。ハマりプロ・蝶々夫人を表情も豊かに演じます。ジャンプの安定感。ステップの細やかで複雑な動き。自然に手拍子がわき起こるような選曲。全日本3連覇中の女王として、世界選手権・銀の強豪として、五輪を念頭に置いた隙のない演目です。

最後のスピンに入るときには、本人も含めて会場全体が宮原さんの五輪行きを確信していました。演技後は宮原さんの珍しいガッツポーズと、リンクサイドで見守る濱田コーチの大泣きと、観衆のスタンディングオベーションとが一斉に五輪行きを祝います。国内大会の採点ではあるものの、トータル220.39点は宮原さんにとっても自己最高の記録。このスコアを本番で出せれば、ダメな日のメドベージェワになら届く。さすが、宮原知子です!

↓怪我に負けない!自分に負けない!相手に負けない!このハートは愛じゃなくて、鋼の心の印だった…!

これだけの選手の名前を、表彰式で読み上げるときに詰まったプレゼンターがいるらしいぞ!

「みやはら………………さとこさん」の間に脳裏に浮かんだ無数のトモコさん!

名前だけでも覚えて帰ってくださいね!



木曜のショートで一番心に残る演技を見せた本郷理華さんが登場すると、観衆からはひときわ熱のこもった声があがります。「絶対できる!」という祈るような叫び。僕もまさに同じ気持ちです。あまり選手に声を掛けるようなことはしないほうなのですが、今日は僕も6分間練習のときに「理華ちゃんガンバ!」と大きく叫びました。よく考えたら紀平梨花さんもいたので、紛らわしい叫びだったかもしれませんが…。

本郷さんは冒頭に3つジャンプをつづける構成。大きく跳んで最初の3回転コンボ、つづくトリプルサルコウと決めていきますが、トリプルルッツを跳んだところで転倒。もうあとがない。観衆の叫びもまた一段と大きくなります。しかし、演技後半のトリプルループでもうひとつ転倒。五輪は遠のきました…。

こういう結果ですので、退任した長久保コーチに「五輪に行けました」という報告はできないのかなと思います。けれど、結果だけですべてが決まるというのも違うのかなと。一生懸命心をこめてやったことですし、下馬評を覆す意地も見せたわけですし、「五輪に行けませんでした」という報告を胸を張ってしたらいいんじゃないかと思います。

↓この全日本は本郷理華ベストに残る演技だと思います!よかったよ!

転んでも、諦めなかったこと!

終わったあとの曇りのない表情!

これはみんなが笑顔で迎えてくれる演技!

よく頑張りました!

そして最終演技者・坂本YABAI花織さん。ショートでのイケイケから中一日。どうやって「五輪に行けそう」の重圧を乗り越えてきたのか、あるいはそもそもそんなもの関係ないのか。滑り出した坂本さんは、やや硬さもあるものの、力強い滑りで重圧を吹き飛ばすかのよう。大きな幅のあるジャンプは、現場いで見るとさらに迫力たっぷりです。要素を丁寧に滑り、加点もしっかり取る。五輪をかけた最終滑走でこの演技ができるのは大したものです。

演技後にこの日一番の歓声が起きると、採点を待つ段階では唯一拍手が起こりました。いい点を頼むぞ、いい点のはずだ、という観衆の太鼓判。本人もなんかよくわかりませんが拝み始めました。拝んでも何も変わらないんですけど、めっちゃ拝んでます。そして告げられた139.92点の得点に、「えーーーーちょっとぉ!」と大きな声で言っちゃう坂本さん。あとからプロトコルを見ながらじっくり検討すると、普通に妥当感がありましたが、彼女は一体何点取る気だったのでしょうかw

↓ブロック大会から全部勝ち上がってついに五輪に手をかけるところにまできた!


でも、今季始まるとき五輪のこと考えてなかったろ!

考えてたかもしれないけど、本気で考えてたらもっと違うプログラムにしてると思うわ!

しっとりしてるうえに、途中で人形ダンス始まるから、どこで盛り上がればいいのかわからんかったわwww

↓表彰式終わったあとの笑顔wwww


楽しそうで結構!

平昌でもその笑顔を貫けますように!

いい結果もあり、悪い結果もあり、想いはそれぞれでしょう。ただ、終わった以上は選手もファンも恨みっこなしでいきたいもの。たとえ選考の結果がどうなったとしても、です。何となくひと波乱ありそうな気もしますが、たとえそうなったとしても、です。

表彰式のとき、一瞬だけ映像で抜かれた三原舞依さんがすごく笑顔だったのを見て、僕はとても幸せな気持ちになりました。彼女にとってこの日の結果は、五輪がなくなったというつらいもののはずです。けれど、自分ができることはやった、そして親友が頑張った。そのトータルで笑顔になれるのは、とても温かい世界だなと思います。僕個人の推しとしては望む結果ではなかったのですが、すべての選手のトータルとして僕も笑顔になりたい。そんな風に思います。三原さんのように。

素晴らしい戦いをありがとう!またフィギュアが好きになりました!