4年連続の表彰台を逃し4位に終わった樋口

写真拡大

 ◇フィギュアスケート全日本選手権第3日兼平昌冬季五輪代表最終選考会(2017年12月23日 東京都調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 過去3年連続で表彰台に立ってきた樋口は4位に終わった。前日(22日)の公式練習のルッツの着氷で右足を痛め、この日のフリーは痛み止めを飲んでいた。3回転サルコーが2回転になったほかは大崩れせず、演技後はひざまずいて氷を軽く2度右拳で叩いた。

 「ありがとう」という思いを込めて。憧れのスケーターは10年バンクーバー五輪を制した韓国の金妍児(キム・ヨナ)さん。金さんは同五輪のSPで「007」のテーマを使用。今季、樋口はフリーに「007 スカイフォール」を選んだ。「表情とかは参考になる」と女王から学んでいた。

 国際大会のスコアは日本勢トップでGPファイナルにも出場しているが、勢いに乗る坂本に全日本で及ばなかった。「五輪に行けるか行けないか分からないけど、祈りたい」と24日の発表を待つ。