日比谷の中央に、高さ約200メートルの高層ビルが出現した(撮影:梅谷秀司)

2018年3月29日に、日比谷に新たなランドマークタワーができる。三井不動産が「東京ミッドタウン日比谷」を開業するのだ。地上35階建て、地下4階建て、延べ床面積は約18万9000平方メートル達する。総工費は1322億円に達する。

新しいミッドタウンは三井不動産が保有していた旧三信ビルディングや日比谷三井ビルディングなどを建て替える形で建設されている。

外観が波打つ「ダンシングタワー」


この連載記事の一覧はこちらです

外観のデザインはかつて社交場だった場所をイメージした「ダンシングタワー」として外面が波打つスタイルを採用。

1〜7階の下層部には飲食店や11スクリーン、2200席を擁する「TOHOシネマズ」など60店が開業。11〜34階はオフィスとなり、すでに旭化成が本社移転を決めた。

最大の特徴は日比谷という立地にある。もともと日比谷は明治時代の鹿鳴館に端を発する社交と文化の街だった。現在も耐震工事中の日比谷公会堂、日生劇場、東京宝塚劇場、シアタークリエなどの劇場に、東宝シネマズといった映画館が軒を連ねる。

ビジネス街の大手町、丸の内、そして銀座に連なる有楽町をつなぐ大丸有(だいまるゆう)に隣接する好立地に位置し、官庁街の霞が関や大規模再開発が進む虎ノ門にも近い。

三井不動産でプロジェクトを担当する太田幸一氏は「今まで日比谷は少し敷居が高いイメージがあった。20〜30代の女性を含め、もっと人が集まる街にしたい」と意気込みを語る。

周辺もミッドタウン開業を商機に変えようと知恵を絞る。近隣の帝国ホテルは手始めに本館1階の展示スペースで2月から「日比谷今昔」をテーマとした展示を行い、今後も「ミッドタウンのグランドオープン後に記念商品、記念メニューを検討中」(会社側)という。


ミッドタウンの向かいにあり、1987年に開業した日比谷シャンテも創業以来の大改装を実施中。宝塚劇場側の店舗や地下2階のレストランフロアをリニューアルしたほか、2018年3月には「合歓(ねむ)の広場」も全面リニューアルする予定だ。

東宝と帝国ホテルの動向は?

JRの線路を挟んだ有楽町側ではサンケイビルと朝日新聞社が共同開発したオフィスビル、「X-PRESS有楽町」が竣工、隣接地では不動産大手ヒューリックがホテルを開発中だ。

有楽町マリオンに入居するTOHOシネマズは、2018年3月にミッドタウンへ移転。跡地には貸ホール「ヒューリックホール」とプラネタリウムなどが入居する予定だ。


三井不動産が六本木に続き、日比谷で「ミッドタウン」ブランドの複合ビルを開業する(写真:三井不動産)

ミッドタウン以外にも、近隣で再開発が行われる可能性がある。日比谷の大家といわれる東宝は本社が入居するシャンテのほかに有楽町マリオンや東宝ツインタワービルを擁する。

2013年にはグループの上場子会社だった東宝不動産を完全子会社化。現在公表している中期経営戦略の中で、日比谷と有楽町の活性化を大きな目玉の1つとして掲げている。特に1969年竣工の東宝ツインタワービルは再開発の有力な候補になりそうだ。

帝国ホテルの動向にも注目が集まる。現在の本館は1970年に竣工、毎年多額の改装費をかけているとはいえ、老朽化しているのも事実。かつてフランク・ロイド・ライトが手掛けた旧本館は、1964年の東京五輪が終わった後に再開発が決定された。

三井不動産は帝国ホテルに33.1%出資する筆頭株主でもある。「中長期的な観点による検討会にて再開発の可能性についての情報交換などを行っている」(帝国ホテル)。

これまで日比谷は”近くて遠い”存在だった。直接乗り入れるのは東京メトロの日比谷線と千代田線、三田線と3つあるが、丸ノ内線や銀座線、JR有楽町駅からはいずれも徒歩で5〜10分ほど歩く必要がある。

ミッドタウンの開業を機に、このエリアはどう変わるのか。