シンガポール・チャンギ国際空港で新たに開業した第4ターミナル。機械が整然と並ぶ光景が印象的だ(記者撮影)

空港独特の慌ただしさはなく、ただ機械が整然と並んでいるだけ。今年10月末にオープンしたばかりのシンガポール・チャンギ国際空港の第4ターミナルに足を踏み入れると、近未来感があふれる光景が広がっていた。

チャンギ空港といえば、世界有数のハブ空港として知られる。12月18日には、年間旅客数で初めて6000万人を超えたことを発表。日本の成田空港は2016年の旅客数が約3900万人。羽田空港は昨年8000万人を突破したが、大半が国内線で国際線は1500万人にとどまる。

出発フロアは人がまばら、機械がずらり


ずらりと並ぶチェックインキオスク。照明も含め、スタイリッシュなデザインだ(記者撮影)

第2ターミナルからシャトルバスで10分ほどの第4ターミナル。出発フロアに入るとまず気づくのは、有人カウンターがほとんどないこと。航空会社の搭乗手続き(チェックイン)や手荷物預けは原則、乗客自らが機械で行う。フロアには、65のチェックインキオスクと50の自動手荷物預け機がずらりと並ぶ。

チェックインキオスクは頻繁に飛行機を利用する人には、すでに馴染みがあるだろう。航空券の予約番号を入力するか、パスポートをスキャンして、予約確認や座席指定を行い、搭乗券と手荷物預け用タグを印刷する。


手荷物預けも自動で完了する(記者撮影)

印刷されたタグをスーツケースなどの手荷物に付けると、今度はすぐそばの自動手荷物預け機に移動する。乗客の写真が撮られ、パスポートの写真と一致するかを機械が確認。承認されれば、空港の手荷物コンベアに流れていく。

身軽になったところで、出国審査ゲートに向かう。日本であれば審査官がパスポートや搭乗券をチェックするところだが、ここにも人はいない。手荷物預け機と同様、ゲートに内蔵されたカメラが顔写真を撮影し、パスポートと照合。さらに指紋認証も行われ、承認されるとゲートが開く。

シンガポール国籍や永住権を持つ人だけでなく、入国審査時に指紋を登録した人であれば、外国人旅行者でも自動化ゲートを利用できる(すべて6歳以上であることが条件)。こうしたゲートはすでにチャンギ空港の他のターミナルにも設置されているが、顔と指紋の両方を認証するシステムはこの第4ターミナルで初めて導入されたという。


出国審査の自動化ゲート。顔と指紋の2段階認証を行う(記者撮影)

出国審査ゲートを通過すると、機内持ち込みの手荷物検査だ。さすがに無人とはいかないが、ここでも最新技術が使われている。第4ターミナルの検査装置には、チャンギ空港として初めてCT(コンピュータ断層撮影)方式が採用された。乗客はノートパソコンやタブレットをかばんから取り出す必要がない。

手荷物検査では使用済みトレイが自動で回収

手荷物を入れ検査装置に送られたトレイは、問題がなければ身体検査を終えた乗客のほうに流れる。問題があれば、検査官のほうへ流れる。また、検査が終わり手荷物を取り出すと、トレイは自動的に回収され検査レーンの先頭に戻っていく。いちいちトレイを戻しに行く人員を必要としない。


保安検査場ではパソコンなどの電子機器を取り出す必要はなく、トレイも自動で列の最後尾に戻ってくる仕組みだ(写真:Changi Airport Group)

手荷物検査が終われば、あとは搭乗口に向かうだけ。ここでは通常、航空会社の地上係員がパスポートや搭乗券をチェックする。だが、これも自動化されている。乗客は搭乗券をスキャンすれば、顔写真が撮影され、出国審査ゲートで登録された写真との照合が行われる。

一連のシステム導入により、自動化していない空港に比べ、長期的な人員数を20%ほど抑えられると、チャンギ空港の運営会社は試算する。豪航空シンクタンクCAPAのチーフアナリスト、ブレンダン・ソビー氏は「空港の自動化は世界的なトレンド。第4ターミナルはその先例といえる。より大型の第5ターミナル(2025年完成予定で現在建設中)に向けた”実験場”という位置づけだろう」と語る。

この第4ターミナルには現在、香港のキャセイパシフィック航空、韓国の大韓航空、ベトナム航空という3つのフルサービス航空会社と、マレーシアなどのエアアジアグループ、フィリピンのセブパシフィック航空、中国の春秋航空という3つのLCC(格安航空会社)が乗り入れている。日本との直行便はまだない。


第4ターミナルは広々としたフードコートも特徴的だ。タブレットで注文できたりするなど、こちらもテクノロジーの活用が進んでいる(記者撮影)

同じ敷地には、以前「バジェットターミナル」というLCC専用ターミナルがあった。それを取り壊し、2014年から約800億円を投じて建設されたのが今回の第4ターミナルで、年間1600万人の乗客受け入れ能力を持つ。バジェットターミナルは同700万人ほどの能力しかなく、LCCの急激な成長に追い付いていなかった。

「LCC専用ターミナル」は不要だった

さらに「安く旅行したい乗客でも、チャンギ空港には(他のターミナルと)同様の高い期待を持っていた」(チャンギ空港の運営会社)。LCCが支払う施設利用料を安くするための簡素な作りは支持されなかったのである。「需要の変化を素早く察知し、あっという間に新たなターミナル建設を決めてしまったのはさすがだった」と航空会社関係者は舌を巻く。


チャンギ空港の敷地内に建設中の商業施設「ジュエル」(2019年開業予定)。ターミナル以外でも空港内の体験をより充実させようとしている(記者撮影)

世界の空港間競争は激しさを増すばかりだ。2018年1月には、韓国ソウルの仁川空港で第2ターミナルが開業する。2月に行われる平昌(ピョンチャン)冬季五輪を前にした拡張だ。この新ターミナルでも、チャンギの第4ターミナル同様、チェックインや出入国審査の自動化が進められている。

日本でも成田や羽田などで自動化ゲートの運用が広がってきた。これまで空港での煩雑な手続きは、飛行機を利用することに対する心理的ハードルなっていたかもしれない。スムーズで簡単なプロセスになっていけば、旅客をより一層増やせるチャンスになっていくだろう。