いま恵比寿で大人が集まるのは間違いなく、新アトレの裏の線路沿いの坂を上がったエリア。

恵比寿駅西口から徒歩数分で辿り付く恵比寿南1丁目には、ここ数年注目の新店が続々と登場している。

どこも味よし雰囲気よしのいい店ばかり!大人のデートならここだ!



手づかみで楽しむ!アートの様に美しいモダンアメリカン『restaurant JULIA』

いま、恵比寿で最も訪れたいレストランとして話題なのが、2017年3月にオープンした『restaurant JULIA』。



外から店内の様子を伺うと、そこはまさに大人の社交場

この店は、オーナーでソムリエの本橋さんと、シェフのNAOさんの二人が営むモダンアメリカンレストラン。

本橋さんがフロアの賑やかなムードを作り出す。この店のオープンのきっかけとなったのも、シェフNAOさんが彼のサービスに惚れ込んだからだという。

全面ガラス張りになった店先から眺める店内は、賑やかでありながらもしっとりと大人の雰囲気で、食通心をくすぐられずには居られない佇まい。中を眺めると、全員がいい笑顔で食事を楽しんでいて、大人のためのレストランだと一目でわかる。



この雰囲気だけで心を掴まれてしまう大人が続出中。どんな店なのか気にならない食通はいない

店の戸を開けるとまず大きなテーブル1つのみであることに驚かされる。

自分たちは隣同士になるが、大テーブルに何組かで一緒に座るという非日常感。それがすでに『JULIA』が仕掛けるマジックなのだ。

入店してすぐの軽いコミュニケーションでは、「ステキな時計ですね」、「今日はエレガントなヒールですね」と本橋さんの軽妙な接客で和ませてくれる。

最初の一杯を口にする頃には、気分も高揚。「レストランは楽しい場所」という気持ちが甦ってくる。



「ユリネ/フィッシュスキン/エビ」。魚の皮をパリッと焼き上げ、旬のユリ根をあしらった一品。甘エビの頭を粉末状にしたものが彩りと旨みをプラス

メニューは毎月変わるので、その月ごとのお楽しみ。今回のメニューも一例だが、その独創性は一目見てわかるはず。

1杯目のワインと共に始まるのが、手づかみで楽しめるコース料理。



「チキン/セロリ/レモン/ローズマリー」。旨みを凝縮しながらパリパリにオーブンで焼き上げた鶏皮に、セロリと鶏肉のピューレをのせ、ローズマリーをあしらった一品

この店のコースは1つ、OMAKASE7,000円のみ。そこにワインのペアリングも5,000円で可能だ。内容は毎月、旬に合わせて変化する。



美しい見た目通り、上品な酸味とフォアグラの旨み、そしてシャリッとクランブルの食感が楽しい一皿

コースは旬の食材を使用した月替わりの品々が提供されるが、常連客からの評判もいい「フォアグラ/クランブル/ラズベリー」と「BBQポーク/リンゴ/パン」はスペシャリテとして毎月登場。

『restaurant JULIA』を象徴する2品で、どちらも必ず味わいたい逸品である。

「フォアグラ/クランブル/ラズベリー」は、濃厚なフォアグラのクリームに、クルミをシナモンパウダーでコーティングしたクランブルを入れボール状に。その周りにはラズベリーパウダーがまぶされる。ワインにベストマッチなスペシャリテなのだ。



「BBQポーク/リンゴ/パン」。モダンアメリカンレストランらしい一品は、BBQソースには醤油を使用するなどオリエンタルに仕上げられている

ミニバーガー状の、もう1つのスペシャリテも、「これをまた食べに来たの!」とリピーターが続出の品。フレッシュなリンゴの酸味と食感も楽しく、深い味わいが楽しめる。

また、ソムリエ本橋さんセレクトでペアリングされるワインにも注目だ。

最初にシャンパンの後には、赤ワイン、白ワインと強弱をつけながら、敢えてベーシックなセレクトから外し、意外性を持たせることで「次は何が出てくるのか?」と飽きさせない工夫が施されている。



この日のメインは「カモ/ミソ/バラ/リンゴ」。テーブルに運ばれてきた瞬間に、神奈川県平塚で栽培された通常の4,000倍の香りをもつ食用バラのいい香りが立ちこめる

メインディッシュにさしかかる頃、誰からという訳でもなく、些細な事からお客同士の会話が生まれ、いつしかひとつのグループのようにワイワイと会話が盛り上がっている。

これが、大きな1つのテーブルが作り出す『JULIAマジック』の効果。この店には美味しいものが好きな大人しかいない、だからこそ、隣人も楽しい食事仲間になってしまうのだ。



メニューには「エンディング…」とだけ表記されるデザートは、なんと人数に応じてそれぞれ違った品を提供。2名ならば2種、3名ならば3種用意してくれるという。この日は「クレーム・ダンジュ」

さまざまな名店に通い詰めた大人こそ、『restaurant JULIA』を訪れ、20代の頃に感じたレストランへのワクワク感を思い出してみてはいかがだろう?



チャーミングで独創的な、絶品料理を作り出すNAOさん



長くレストラン業界に携わる本橋さんのサービスは一流。彼の軽妙なトークを楽しみに訪れるお客も多いという


二軒目使いもOK!恵比寿で一番気分がアガる屋上テラス!



ルーフトップバーからは恵比寿の絶景が見渡せる。オープンエアで夜風を感じながらの一杯を楽しもう!
恵比寿の“大人の遊び場” として人気『Bistro Franky Hotel』

駅から線路沿いに5分ほど坂を上った丘の上にある『Bistro Franky Hotel』は、恵比寿界隈で“大人の遊び場”として密かに人気のビストロだ。

海外のヴィンテージホテルを彷彿とさせる内装でスタイリッシュな雰囲気の中、テラス席が特徴のビストロ(5階)と、バー(6階)が併設された店。



夜風を感じながら乾杯すればいつものデートをより一層盛り上げてくれる

人気の秘密は、屋上の6階に広がる夜空を楽しめる天空のテラス。5階のビストロから続く階段を上ると、目の前には東京タワーから恵比寿ガーデンプレイスまでドーンと見渡すことができる圧巻のテラスバーが広がり、大人の夜を盛り上げてくれる!

夜空を見上げれば180度見渡す限り星空!その輝きに彼女も思わず“素敵!”とうっとりすること間違いなし!



5階のビストロも夜風を感じる開放的な雰囲気

5階のビストロは、アンティーク調のヴィンテージ家具とモダンスタイリッシュさが融合した空間で、肩肘張らずに楽しめるカジュアルフレンチが楽しめる。

豊かな感性と繊細な技術で創り上げられるフレンチには和の要素が取り入れられ、日本人に好まれる料理として提供される。名物の熟成肉メニューのほか、ワインやシャンパンよく合う前菜やサラダ、女性には「林檎のティラミス」(¥1,500)も人気だ。

空間だけでなくワインや料理へのこだわりも強く、とても贅沢なテラスデートを叶えてくれるダイニングである。



アミューズはマカロン、クリスプチーズの食感が楽しいシーザーサラダ、ガーリックバターたっぷりのガーリックトースト

この店では、5階でシェフのフュージョン料理を堪能した後、6階のテラスバーカウンターへ移動するのがお決まりのデートコース。

まずはフランス人シェフのフュージョン料理を堪能し、頃合いを見て「上のフロアに行こう」と切り出そう。エスコートされた彼女が目にするのは、バーカウンター越しに広がる夜景のパノラマ。

「くどけるお店がコンセプト」という言葉に偽りなし!



大きな帆立が丸々入った「帆立のグラタン」



〆の「チーズリゾット」は人気の一品


モダンチャイナもデートにちょうどいい!



あの人気焼肉店『うしごろ』が中華に進出。上質なA5和牛を使った独創的な中華料理とワインのマリアージュは、おいしい驚きの連続!
斬新な切り口で肉とワインを愉しめる『うしごろ』の中華『CINA New Modern Chinese 恵比寿本店』

あの「うしごろ」が恵比寿に新風を巻き起こすべく、ニューモダンチャイニーズ『CINA』をオープン。

広東や四川の料理技法にひと捻り加えたチャイニーズタパスと、牛、豚、鶏、羊などの「肉」にこだわりぬいたメインが味わえる。

メニューは旬で変わるが、和牛のステーキにラムチョップ……など、ビストロ然とした料理も、口に含めば、純然なる中華風。

もちろん、ワインも充実。肉料理に白を合わせるソムリエの提案も斬新だ。デートにも女子会にも抜群。



国産A5黒毛和牛厳選赤身ステーキ 山椒風味の醤油ソース 。柔らかい肉質のクリの部位を低温調理して、ロゼに色づく程度に火通し。山椒を効かせた醤油ソースが刺激的で新鮮



海老の黒チリソース イカスミと豆板醤のソース 。まっ黒なソースの正体はイカスミ。食べると確かに海老チリの味がするから不思議。目にも舌にも楽しい逸品



鉢鉢鶏 四川よだれ鶏 。鶏肉は真空調理でしっとりとした食感に。パンチの効いた辛みとゴマダレのまろやかな味わいが絶妙でクセになる美味しさ



フォアグラと肉団子のロッシーニ ベリーと黒酢のソース 。A5和牛と豚肉のミンチで作った肉団子とフォアグラのリッチな味わいに、黒酢の酸味が加わり中華テイストに



ラムラックステーキ ガーリックスパイス添え 。やわらかくネットリとした食感のラム肉は、ガーリックスパイスをたっぷり絡めて。ワインがぐいぐい進むひと皿



香辛料やスパイスの風味を活かせるワインを基準にセレクト。右.果実味や香りのバランスが良く、しっかりした肉にも合わせやすい。サッシカイア¥40,000。左.ピーチの香りとドライな口当たりで、料理の辛みを流してくれる。ゼロ・インフィニート¥7,800


カジュアルにデートしたいなら、こんなイタリアンへ!



細かなディスプレイにまで拘ったフォトジェニックで印象的な空間
坂の上の賑やかなイタリアン『KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA』

ちょっとテンションをあげて盛り上がりたいデートなら、この店はピッタリだ。

コンセプトは、「もしピエモンテ州に自分たちのお店があったら、どんな食堂を作ろうか?」。本場の食材を活かし、それを日本好みに合わせてアプローチする。



店内中央には大きなテーブルを用意。カウンターのように2人で使ってもよし、10数名で貸切っても

なんとココ、毎日欠かさずパスタの新作をメニューインするという、”パスタ1,000本ノック”を打ち出す。ほかの前菜メニューも充実し、女子好みの「オシャレだけど本当に美味しい」イタリアンなのだ。



こんがり焼いたレーズンパンにたっぷりチーズを乗せて「マスカルポーネとこんがりレーズンパネ・パンナ」

バローロやバルバレスコなど、ここでしか飲めない貴重なワインをリーズナブルに取り揃え、カジュアルに使えるところも人気のポイント。

ワインに合わせ、まずは豊富に揃う逸品料理から味わいたい。スターターで頼みたいのは、「マスカルポーネとこんがりレーズンパネ・パンナ」。

炭火で焦がしたレーズンパンにゴルゴンゾーラとマスカルポーネ2種のチーズをミックスしたクリームを乗せて口に運べば、ついついワインが止まらなくなる前菜の完成だ。



鶏の生ハム、生ハムキムチ、牛肉ジャーキーなど約9種類が盛り込まれた「イタリアン・シャルキュトリ」

次は自家製のシャルキュトリ盛り合わせを。

サラミや生ハムのほかに牛肉ジャーキーや生ハムキムチなど、定番から珍しいものまで揃い、ツウも満足すること間違いナシ。ワインのおかわりの速度が早くなってしまう!



骨付き豚の炭火焼きとイチジク・コンフィはイチジクの甘さと一緒に楽しむ

もちろん、ガッツリ肉も忘れずに!

骨付きのままが嬉しい豚肉の炭火焼き「イチジク・コンフィ」や、宮崎産の鶏もも肉をハサミでカットして食べる「チョキチョキ焼き」など、敢えて自ら取り分けることでその場のコミュニケーションも重視している。



鶏もも肉を自らハサミでカットしながら食べる、その名も「チョキチョキ焼き」

こんがりと焼かれたボリューム満点の肉は、大勢でワイワイと囲むだけで盛り上がるぞ。鶏もも肉も塊で焼くためジューシーさが損なわれない!ここに来たらぜひ食べてほしいひと品だ。



旬の食材をたっぷり使った「炭焼きサンマとキノコ」の香ばしペペロンチーノ

そしてお待ちかね、2011年から毎日新しいパスタを開発し続けているという驚きの「パスタ1,000本ノック」を楽しもう!

イタリアのピエモンテ料理をベースに佐賀県産を中心とした産直野菜をたっぷりと使い、斬新でアイデア溢れるパスタを次々と生み出す、シェフやスタッフの努力が素晴らしい。



シンプルだからこそ、素材の旨みが感じられる「トマトソムリエ・のっくんの厳選トマトでポモドーロ」

ノックのパスタは、会話を楽しみながらゆっくりと食べてもダマにならないようにと、たっぷりと”ソースだく”で提供するところが特徴的。

仲間とトークも楽しんでもらえるよう、料理が考えられているのだ。単純だけれどもそんな気遣いのある店は貴重な存在。高級店や居酒屋のパスタともまた違う、今ここでしか食べられない料理を提供してくれる名店だ。




料理はコース¥3,900〜、アラカルトもある。写真は単品の分量。千葉・柴海農園の15種類以上の無農薬野菜を添えた鮮魚のカルパッチョ
さまざまな旬の味を和洋の技法で満喫『Kinoe〜季の恵〜』

長年『リコスキッチン』の料理長として活躍した夏目シェフが独立する際、場所選びの条件にしたのは「自然光の中でランチが楽しめ、風が通り抜けるイメージの場所」。1年がかりで見つけた恵比寿の丘の上のビル4階に開業した店は、昼は大きな窓から光が降り注ぎ、夜はガーデンプレイスの夜景を望む、ビルの合間のオアシスのような空間だ。

メニューは、和・仏・伊の技法で旬の素材を生かした品々。シェフいわく、「ほっこりできる料理」だ。鰻と里芋のテリーヌを味わえば、香ばしさと旨みが溢れる鰻のフワフワの食感と里芋のホクホク感が広がり、そのやさしい味わいに気持ちがほぐされる。



写真は単品の分量。香ばしく焼いたウナギと里芋のテリーヌ



内観