五輪切符を争う樋口新葉(左)と坂本花織

写真拡大

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 平昌五輪代表女子2枠がかかる中で、女子フリーが行われ、SP2位の宮原知子(19)=関大=がSPとの合計220・39点(フリー147・16点)をマークし、4連覇で平昌五輪代表に内定した。残る1枠は2位の坂本花織(17)=シスメックス=か、4位でグランプリファイナル出場者の樋口新葉(16)=日本橋女学館=の2人による争いになると見られる。3位には年齢の規定を満たさない紀平梨花(15)=関大KFSC=が入った。この争いに、日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長が取材に応じた。

 五輪出場2枠のうち1枠は全日本選手権優勝者が内定。残る1枠は(1)全日本選手権2位・3位、(2)過去3年の成績による世界ランク上位3人、(3)今季の世界ランク上位3人、(4)今季のISUベストスコア上位3人、(5)GPファイナル出場の5つを満たす各選手のうち、総合的に判断して選考される。

 グランプリファイナルにも出場している樋口は全日本選手権の順位以外の条件(2)から(5)までの4項目を満たしている。坂本は(1)、(3)、(4)の3項目を満たしている。

 日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長は、ハイレベルな戦いとなった女子フリー後「みんなすばらしかった。五輪代表を決めるにふさわしい試合だった」と笑顔。「(選考)基準の多い方が勝ちという問題ではない。五輪に出していい成績が取れるというところをふまえて判断すると思う」と語った。代表選考は24日に行われる。