執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

小さな臓器ですが体の代謝に深く関わっている甲状腺ホルモン。この機能が低下するのが甲状腺機能低下症です。症状や治療についてまとめました。

うつ病や更年期障害と思い診断に時間がかかった人も

甲状腺は、のどぼとけのところにある蝶が羽を広げたような形の小さな臓器。代謝を司る甲状腺ホルモンを分泌しているところで、この機能が低下すると代謝が低下するため体にさまざまな不調があらわれます。実は、身近な病気のひとつでもある甲状腺機能低下症は、女性の10〜20人に1人に見られるそう。甲状腺ホルモンは、たくさんの機能と関わっているため、甲状腺低下症の症状も幅広いのが特徴です。

<甲状腺低下症の主な症状>

・眠気
・抑うつ
・記憶障害
・無気力
・皮膚の乾燥
・脱毛
・ひどいむくみ
・のどの腫れ
・のどの腫れによる声のかすれ
・便秘
・脈が速くなる
・体重増加
・寒がり
・疲労感
・月経異常など

甲状腺機能低下症にかかりやすい年齢が20〜40代ということもあり、甲状腺の機能低下が軽度な場合は、うつ病や若年性更年期障害と思う人も多いそう。実際に、病院に言っても甲状腺ホルモン低下症と診断が確定するまで長期間かかった人も多数います。甲状腺機能低下症を早期発見するためには、症状があらわれた時に、ホルモン検査を受けることが大切です。「甲状腺ホルモン」と「甲状腺刺激ホルモン」の血中のホルモン値を採血して測定します。

主な原因は、橋本病による甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症の原因は、たくさんあります。まず、多くは橋本病(慢性甲状腺炎)からくるもの。自分の免疫が誤って自分を攻撃してしまうものです。橋本病になっても、初期は自覚症状がありませんが、進行すると甲状腺機能低下症になります。そのほか、考えられる原因は下記となります。

<甲状腺機能低下症になる原因>

・ 橋本病
・ バセドウ病の治療によるもの
・ 生まれつき甲状腺の働きが弱い(クレチン症)
・ 海藻に含まれるヨード(ヨウ素)の過剰摂取
・ 出産後によるもの
・ 薬の副作用
・ 甲状腺の部分に放射線治療を行った場合

出産後など一時的な甲状腺機能低下も

甲状腺機能の低下には加齢も影響。65歳以上は、甲状腺ホルモンの検査を定期的に受けるのがおすすめです。甲状腺低下症が出産など、一時的なものなのか、慢性的なものなのかは、検査結果から医師が判断します。

治療には、その症状にあった甲状腺ホルモンを使用。錠剤が一般的で、不足した甲状腺ホルモンを補うものです。ホルモン値が正常な値になるように、長期間服用します。薬物治療による副作用はないそう。回復して甲状腺ホルモンの服用が必要なくなる場合もあるので、定期的に検査をしながら調整していきます。甲状腺ホルモン低下症は、直接的な原因が不明のこともあります。ただし、不規則な生活が悪影響を及ぼすことがわかっているので、規則正しい生活を心がけましょう。