演技終了後、力強くガッツポーズする宮原知子

写真拡大

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 出場2枠を争う平昌五輪最終選考会を兼ねた大会で女子フリーが行われ、SP2位の宮原知子(19)=関大=がノーミスの完璧な演技でSPとの合計220・39点(フリー147・16点)をマークし4連覇で平昌五輪代表に内定した。2位にはSP首位の坂本花織(17)=シスメックス=が213・51点で入った。3位には年齢制限で五輪出場権のない紀平梨花(15)=関大KFSC=が合計208・03点で入った。2枠の代表争いの残り1枠は坂本と、グランプリファイナルに出場し、今大会4位だった樋口新葉(16)=日本橋女学館=の争いになると見られる。

 宮原は冒頭の3回転ループからスピード感のあるジャンプで着氷させると後半の3回転ルッツからの3連続ジャンプ、2回転アクセル-3回転トーループの得点源となるジャンプを次々と降りた。演技終了後にはガッツポーズも見せ、感情を爆発させた。

 優勝決定直後に「今までで一番うれしい優勝です」と喜びをはじけさせた。負傷もあったシーズンだったが「ここまで頑張ってきたので、試合のため絶対にやるという強い気持ちで臨んで、実現できてうれいしです」と万感の思いをにじませた。

 初の五輪へ「本当に目標にしていた舞台なので、すごく今からワクワクしていて、今まで以上のプレッシャーがあるかもしれないんですけど、せっかくの舞台を楽しんで滑りたいと思います」と思いをはせた。