「フィギュアスケート・全日本選手権」(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 女子フリーが行われ、SP5位の紀平梨花(15)=関大KFSC=浅田真央以来となるSPとの合計3回のトリプルアクセル成功を成し遂げた。得点はフリー141・29点、合計208・03点(SP66・74点)だった。残り4人の時点でトップに立った。

 冒頭、3回転アクセル-3回転トーループの大技を決めると、続く単独の3回転アクセルも着氷。大きな歓声を浴びた。後半、3回転ループでバランスを崩したものの、はつらつとした演技を見せた。

 紀平は今大会で優勝しても年齢規定を満たさないため平昌五輪には出場できない。