「フィギュアスケート・全日本選手権」(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 女子フリーが行われ、SP8位の白岩優奈(関大KFSC)は128・36点、SPとの合計191・69点だった。

 3回転ルッツ-3回転トーループの連続ジャンプを2度着氷させるなど、大技を決めていったが、終盤の2回転アクセルからのコンビネーションで転倒してしまった。

 演技後は顔をしかめ、頭を抱えていた。