ジャマイカ20歳FWの超速弾、ボルトがSNSに動画公開「その名がボルトであるかのよう」

 海外サッカーで超人的なスピードで相手をぶち抜き、仰天のゴールを炸裂させた“野人”が出現。あまりに速すぎる韋駄天に、あのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が「その名がウサイン・ボルトであるかのような動きを見せる兄弟、レオン・ベイリーは必見だ」と絶賛。自身のインスタグラムで決定的シーンを動画で紹介し、ファンから「本当にボルトのよう」「ジャマイカの誇りがまた1人」と賛辞を浴びている。

 一人だけ、早送りしているかのようだった。超人的な韋駄天ぶりで、人類最速男も驚嘆させたのは、ドイツ1部ブンデスリーガ、レバークーゼンFWレオン・ベイリーだ。

 17日のハノーファー戦、まずは2-3とビハインドで迎えた後半2分。ハーフウェーライン付近で右サイドから中央にボールを送った時、左サイドはガラ空きだった。その瞬間、広大なスペースをめがけてベイリーは突進。絶妙なタイミングでスルーパスが送られると、最終ラインのDFを一瞬で5メートルほどぶち抜いた。あとはGKとの1対1。冷静にニアサイドに蹴り込み、同点弾を決めた。

 ベイリー劇場は終わらない。同点弾を超えるインパクトを与えたのは、後半22分。自陣エリア付近からのカウンター。再びできた左サイドスペースに対し、今度は自陣のエリア位置からスタート。最終ラインまでの距離は30メートルはあろうかというのに、ものの5秒で追いつくと、スルーパスを受け、またもGKとの1対1に。今度はファーサイドを選び、逆転弾を決めてみせた。

 どちらも超人的なスピード。根源的な足の速さという身体能力でぶち抜かれてしまうのだから、相手ディフェンダーも呆然と立ち尽くすしかない。それほど、ベイリーの韋駄天は図抜けていた。

本家も“襲名級”の絶賛…ファン反響「ボルトの後継者のお出ましだ」

 これに反応したのが、大のサッカー好きとして知られる人類最速男ボルトだ。自身のインスタグラムで一連のプレーを動画で紹介。さらに「その名がウサイン・ボルトであるかのような動きを見せる兄弟、レオン・ベイリーは必見だ」と自身の“襲名”のお墨付きを与えて絶賛している。

 映像を観ても、黒いソックスを穿いた両足から繰り出すピッチの速さが一人だけ段違い。ファンもコメント欄を次々と感嘆の声を上げている。

「ボルトの後継者のお出ましだ」
「スピード王国、ジャマイカ」
「衝撃的だ」
「ボルト、君を思い出す」
「本当にボルトのようだ!」
「ジャマイカの誇りがまた1人」

 このように絶賛の嵐となっていた。Jリーグ、日本代表でも数々の俊足が生まれてきたが、世界の韋駄天は規格外。弱冠20歳でボルトのハートを掴み、注目の的となったベイリー。ピッチを走る稲妻は、今後も必見だ。(THE ANSWER編集部)