早くもカスタマイズモデルが!! トヨタ「クラウン・コンセプト」が東京オートサロン2018のモデリスタ・ブースで公開!!

【ギャラリー】Toyota Crown Concept Modellista4


トヨタモデリスタインターナショナルは、東京オートサロン2018にトヨタ「クラウン」用のカスタマイズパーツをまとった「クラウン・コンセプト・モデリスタ」を出展することを発表した。

東京モーターショー2017で公開された「クラウン・コンセプト」をベースとした次期型クラウンの発売は、2018年夏と発表されており、来年早々にカスタマイズパーツまで登場してしまうとは驚きだ。

カスタマイズパーツを開発できるということは、ベース車両のデザイン、仕様がほぼ固まっているということで、やはりほぼこのままの姿で次期型クラウンが登場することは確実だろう。

昨年の東京オートサロンでは、 「プリウスPHV」 のカスタマイズパーツが車両発売前に登場したが、今回のクラウンも車両発売前であり、ノーマルだけではなくカスタマイズモデルも含めたプロモーションが発売前に実施されるのが一般化してきている。

【ギャラリー】TMS2017 Toyota Crown Concept8


ベースモデルのデザインが頭に入っていないと何がカスタマイズされているのかが分からないので、是非東京モーターショー2017のギャラリー画像と見比べて違いを見ていただきたい。

フロントセクションでは、モデリスタらしいメッキパーツをあしらったフロントアンダースポイラーの他、フォグランプ付近のメッキのドレスアップパーツも装着されている。また、新デザインの大径ホイールも目を引く。

サイドセクションでは、フロントフェンダーのエンド付近に、インテーク風のドレスアップパーツ、そしてドアミラーにもメッキパーツが装着されており、サイドのアクセントとなっている。

もちろん定番のメッキをあしらったサイドスカートも用意されている。


リヤセクションでは、エアロ形状を採用した大型のバンパースポイラーと、角形のダブル出しのマフラーカッターが目を引く。

リヤスポイラーはクラウン・コンセプトにも装着されていたので、純正オプションパーツもしくは標準装備だろう。

例年モデリスタのブースは、壇上ではなく、クルマに触れることが出来る場所に展示されているので、東京モーターショー2017より、より身近にクラウン・コンセプトを見ることが出来そうだ。

モデリスタはインテリアパーツも期待できるので、東京オートサロン2018は注目だ。

■関連サイト
トヨタモデリスタインターナショナル 公式サイト
http://www.modellista.co.jp/

【ギャラリー】Toyota Crown Concept Modellista4


【ギャラリー】TMS2017 Toyota Crown Concept8



■関連記事
【東京モーターショー2017】なんとRSはヴィッツと同じ意味だった!? 量産モデル並みの完成度のトヨタ「クラウン コンセプト」!!