内村航平

写真拡大

22日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、体操選手の内村航平が食生活について明かした。

番組では、2012年のロンドン五輪、16年のリオデジャネイロ五輪の男子体操個人総合で2連覇を果たした内村がゲスト出演し、ロンドン観光の様子をVTRで振り返っていた。

スタッフ一行は内村を昼食に誘ったが、内村は「基本的に夜一食しか食べないんです」と難色を示した。内村は夕食しか食べないそうで、その理由として「自分の体を宙に浮かせなきゃいけないので」と体操選手としての自覚があるからだそうだ。

ただ、内村は一日一食の食習慣を「別に我慢しているわけでもない」と語っており、「僕には食べないことが合ってる」と、日々、体操の練習を重ねていくうちに自然と身体がそう出来上がったのだと説明していた。

また、体重管理も感覚で把握しており、自分がすべきケアも心得ているそうだ。したがって、体重計に縛られることもなく、この日も、屋台で見つけた肉をおいしそうに頬張っていたのだった。

【関連記事】
内村航平が幼少期の過酷なコンテナ生活を告白「環境としては最悪」
内村航平の母・周子さんが骨折に自己流の荒療治 忙しすぎて病院に行かず
体操男子団体の金メダリスト・内村航平の兄妹関係を宮根誠司氏が疑問視