山崎賢人、クランクアップで役所広司とがっちり握手/撮影=龍田浩之

写真拡大

24日日曜日に最終回を迎えるドラマ「陸王」(TBS系)で、山崎賢人、竹内涼真、寺尾聰らメーンキャストがクランクアップ。1クールを走り切り、喜びの抱擁を交わした。

【写真を見る】山崎賢人、寺尾聰、竹内涼真らがクランクアップで笑顔!/撮影=龍田浩之

ドラマ「陸王」は、百年続く足袋業者「こはぜ屋」の四代目主人・宮沢紘一(役所広司)がすべてを賭けてランニングシューズ「陸王」開発に挑む企業再生ストーリー。こはぜ屋が窮地に追い込まれながらもしぶとく立ち上がり、シューズづくりの夢を実現させていく姿が感動を呼び、12月10日放送の8話では自身最高の17.5%(関東地区)の高視聴率をマークするなど支持を集めている。

撮影が佳境を迎えたこの日、宮沢の長男・大地役の山崎と、ソール素材・シルクレイを開発した飯山役の寺尾聰が、「こはぜ屋」でのシーンを終えてクランクアップ。さらにこの日、ロケ先でクランクアップしていたランナーの茂木役・竹内涼真とそのライバル・毛塚役の佐野岳、大地の友人・広樹役の緒形敦が役衣装姿のまま「こはぜ屋」に集結し、山崎・寺尾ともにクランクアップセレモニーを行った。

■ 山崎賢人は実年齢で大地の成長を熱演

「こはぜ屋」の社員たちが勢ぞろいしたシーンの撮影が終了すると「陸王」のテーマ曲が流れはじめ、大地役の山崎らの5人のクランクアップが告げられるとセット内は大きな拍手に包まれた。5人は、演出の福澤克雄氏、主演の宮沢役・役所と固い握手を交わした。

「陸王」というドラマは、大地の成長物語でもあった。就職活動がうまくいかず、自信を失いかけていた大地は、陸王開発を通して働くことの厳しさと喜びを知り、大きく成長していった。そんな大地を役柄と同じ23歳の実年齢で演じ切った山崎は、「本当にチーム陸王で幸せでした。また皆さんとご一緒できるように頑張りたいと思います。ありがとうございました!」と万感の思いを込めて挨拶し、頭を下げた。

また、「陸王」が俳優デビュー作となった緒形は、大地が本音を話せる同級生・広樹を好演。この日は、ロケ先で山崎との最後のシーンをこなした後でチームに合流し、「周りの皆さんのお陰で僕はここにいられるので、いつか、100%自分の実力で現場に帰ってこられるようお約束します。一つひとつ、一日一日頑張っていこうと思うので、よろしくお願いします。本当にありがとうございました」と、今後のさらなる活躍を誓った。

■ 竹内涼真は「ものすごく楽しかったです!」

セレモニーでは、赤と白のアジア工業陸上部のジャージに身を包んだ佐野、そしてダイワ食品の黒いジャージ姿の竹内も呼び込まれて登場。スタッフや共演者から温かい拍手で迎えられ、役所とがっちり抱き合い、笑顔で称え合った。

佐野は「本当にお疲れ様でした。本当に素敵な皆さんとこの陸王という作品に携われる幸せを噛みしめながら一歩一歩ここまで走ってきました。本当に感謝しかありません。今後とも精進してまいりますので、よろしくお願いします。頑張ります」と一言ひとことを噛みしめるように挨拶。

続けて竹内が「皆さん、お疲れ様でした! 3か月間ものすごく楽しかったです。僕は陸王のキャストさん、スタッフさんが、大好きです!」と朗らかに声を張り上げ、「そして…もう当分走りたくありません(笑) 当分走りません! また皆さんとご一緒できるように一生懸命頑張ります。ありがとうございました!」とおどけつつ挨拶。今年3月にオーディションで茂木役を射止めて以来、厳しいトレーニングでランナーの体を作り上げてきた竹内ならではの達成感をにじませた。

■ 寺尾聰も「走り続けてきました」

そして最後に、若手たちの挨拶を嬉しそうに見ていた寺尾が「お疲れさまでした。若い二枚目のアップが続いて、その中にまぎれこめるって、すごく嬉しいです」とチャーミングにあいさつ。「陸王」では、寺尾演じる飯山と役所演じる宮沢の演技のぶつかり合いも大きな見どころとなったが、その役所も見守る中、寺尾は「実は、俳優・役所広司と向かい合って芝居ができる、ということがすごく楽しみでした」と告白し、笑顔を見せた。

飯山のトレードマーク“べらんめえ口調”が自身にとっての挑戦だったことにも触れ「(監督の)福澤さんにも気に入ってもらえたんだろうと信じて走り続けてきました。とても楽しい現場で、本当に楽しませてもらいました。ありがとうございました」としみじみ語り、3か月に及んだ撮影を締めくくった。

24日放送の最終回は25分拡大スペシャル。陸王生産はストップしたままで、シルクレイ製造機の設備投資費用1億円をねん出するため、大地や飯山たちはシルクレイの売り込みに奔走するが、巨額の資金提供を受け入れる企業は見つからずにいた。

一方、茂木は再びアトランティスのサポートを受けることに。アトランティスのシューズを履き、2年前にケガで棄権した豊橋国際マラソンの舞台に立とうとしていた。そんな茂木に、大地と村野(市川右團次)は最後の一足となった陸王を渡そうとするが、ダイワ食品の城戸監督(音尾琢真)は「茂木を悩ませるだけだ」と拒絶する。

陸王開発再開のメドが一向に立たず、窮地のこはぜ屋。そんな中、こはぜ屋買収を断念したはずのフェリックス・御園(松岡修造)は、宮沢に驚きの提案を持ち掛ける。はたして陸王は再び世に出ることができるのか? 宮沢たちのこれまでの苦労はむくわれるのか…。池井戸作品、TBS日曜劇場ならではのスカッと爽快なラストを期待したい。

※山崎賢人の崎は正しくは「立さき」(ザテレビジョン)