Photo by Lord of the Wings via flicker

写真拡大

 LOTポーランド航空(以下LOT)が、現在週4便運行している成田/ワルシャワ線を’18年3月31日より、週5便にすると発表した。現在は日系企業の需要が増加しているとのことで、’16年に週3便でスタートした同路線が増便するに至った背景を探った。

◆20年越しで直行便が実現

 在日ポーランド人の間では長年噂のあったLOTの就航。その交渉は20年以上に渡って行われてきたという。ポーランド政府観光局日本支局長のマリウシュ・ワタ氏は次のように語る。

「ポーランド側はずっと直行便で東京/ワルシャワ間を結びたかったのです。何度も成田に直行便を飛ばしたいと交渉したのですが、うまくいかなかった。というのも、‘94年にワレサ前大統領が日本を訪問したときに、航空に関する両国間の合意書ができたのですが、その内容がアンバランスだったのです。当時の合意書によれば、日本の航空会社が就航したければ、日本からヨーロッパの都市からワルシャワ着、またワルシャワ経由でヨーロッパの都市という条件であったのが、ポーランドの航空会社が飛べるのは大阪の関西国際空港だけだったのです」

 ポーランド側としては、やはり首都と首都を結びたいという強い意志があったという。日本側としては、当時羽田空港は国内線のみの運行。成田空港も現在に比べ、滑走路やスロットの数が少なかった(第2滑走路は’02年より供用開始)。また、’94年に開港したばかりの関西国際空港を利用してほしいという思惑があったようだ。

 その後、’90年代末から何度も交渉が行われたが、合意には至らず。ようやく進展があったのは’10年代に入ってからだった、

「LOTが新しい機材、ボーイング787を注文して、新しく世界市場に進出すると打ち出したのです。世界で最初に787を注文したのは全日空ですが、実はヨーロッパで初めて787を注文したのはLOTだったのです。LOTとしては新しい顔を持つ航空会社にしたいという考えで、それまでのヨーロッパ、北アメリカ、カナダだけでなく、アジアを中心に長距離路線を増やそうと。一方、日本側では羽田空港が国際線の運航を開始しました。成田空港も滑走路や空きスロットが増えたので、許可が下りたわけです。ちょうど両国のタイミング、状況の変化があって、ようやく直行便が誕生したわけです」(同)

 現在は東京だけでなく、北京やソウルにも運行中のLOT。ワタ氏はビジネス面での利便性を考えても、東京/ワルシャワ線は週7便まで増えることが理想だと語る。ポーランドを訪れる日本人の数が増加していることからも、デイリー運行の実現はそう遠くなさそうだ。

「ヨーロッパの他国で乗り換えると国内旅行扱いになるため、なかなか実数を把握するのは難しいですが、ポーランド中央統計局が出しているデータでは、‘14年に5万人を超えました。その後は’15年に約5万2000人、直行便が運行し始めた去年は約6万6500人、26.6%増となっています。より実数に近い宿泊者数を見ると、’14年で約9万9000人、’15年に初めて10万人を超えて、約10万3000人。昨年は約12万2900人。週5便に増える来年は、この数字がさらに上がると思います」

 昨年度のヨーロッパの航空会社全体の日本/ヨーロッパ線でのLOTのシェアは上半期1.2%、下半期1.4%と、小規模なのが現状だ。昨年9月から運休していたオーストリア航空(来年5月から再開)の穴を埋めていたとはいえ、航空会社としても市場としても、まだまだポテンシャルはあるはずだ。ワルシャワ/東京線の利用者について、ワタ氏は次のように分析する。

「日本からポーランドへ行く場合では、圧倒的に団体旅行、つまり観光客が多いです。ただ、最近ポーランドへの投資も増えつつあるので、ビジネス目的で訪れる人たちも数は増えつつあります。個人的な感触としては2割程度がビジネス目的だと思います。ポーランドから日本に来る場合は、9割近くが観光客ですね。日本に投資するポーランド企業は限られていますし、LOTのポーランド国内での宣伝キャンペーンを見ても、日本への観光客への招致に力を入れています」

 訪日ポーランド人の数は’10年の約6000人が、’14年には約1万3000人、’15年は約1万8000人と増え続けている。直行便の誕生とポーランド国内のPRの効果により、’16年には約2万5000人と大幅に増えている。

◆ポーランド側は観光面での効果に期待

 また、単純な数字上の増減だけではなく、ポーランドに向けて旅立つ日本人観光客の変化について、ワタ氏は次のように指摘する。

「日本からポーランドへ飛ぶ直行便を利用するツアー客の年齢層はご年配の方が圧倒的に多くなっています。以前、直行便がなかった頃は、ハイシーズンといえばやはり初夏から夏場で、パッケージツアーはこのシーズンの商品が主力になっていました。今もその名残はありますが、直行便が運航してからは冬の商品も出てくるようになりましたし、4〜5年前に比べれば、各地のクリスマス市やザコパネ(南ポーランドの山岳リゾート地)のような冬のリゾートに行かれる個人旅行者も増えています」

 直行便の誕生、そして増便によってビジネスや投資面での期待もあるが、ポーランド側としては旅行客の増加にも自信を持っているという。

「ヨーロッパの中でも、ポーランドはまだまだ観光国としてのポテンシャルを秘めています。日本ではまだ未発見の状態の素晴らしい観光地やアトラクションも多い。それに加え、安全性や国としての安定感も高いのです。リーマンショックのときでもポーランドはEUのなかで唯一、経済成長がマイナスに落込まなかった国で、経済的な安定によって治安も良好になってきている。テロの心配もまずないですし、観光客が巻き込まれるような大きな事件も起きていません」

 実際にポーランドに行った観光客の声を分析したJATA(日本旅行業協会)の報告書のなかでは、親日的、安全、清潔、意外と英語がよく通じるという意見が多かったという。また、ワタ氏は日本でのポーランドに対する知識がまだ浅いことが、今後の観光面での伸びしろに繋がるのではないかと期待を寄せる。

「ポーランドの西側にはドイツ、フランス、スペインと大きな国が並んでいますが、人口と面積で一番近いのはスペイン。日本ではポーランドと言うと小国のイメージがありますが、誰もスペインを小さな国とは考えませんよね? ポーランドの国土は南にあるチェコ、スロバキア、ハンガリー、オーストリア、4つの国を合わせたのとほぼ同じ大きさです。比較的大きめな国で、中欧のほかの国にはない海があるので、観光資源はとても豊富です」

 こういった観光資源をアピールする招致活動は一定の効果を生んでいるようだ。10年ほど前までは日本からのパッケージツアーでは、チェコやハンガリー、オーストリアなどをまとめて巡る商品が主だったが、最近ではポーランドのみを旅するものが増えているとか。

「以前のツアーカタログを見ると他国との組み合わせが非常に多かったのが、今は逆に8割以上がポーランドのみを回るコースになっています。また、そういうコースでは7〜8日間の日程で旅するケースが多いですが、他国と組み合わせるとポーランドは2泊3日程度になってしまい、ともに世界遺産の歴史地区を持つ首都ワルシャワや古都クラクフは入っていても、ほかの都市には時間が足りなくなります。ポーランドだけを巡る商品が増えたことで、旅行者の国全体への関心と知識はかなり増えたと思います。実際に当局への問い合わせも、トルンやグダニスク、ヴロツワフやポズナンといった地方都市についての質問が増えています」

 旅行者の趣向と滞在日数の変化によって、メジャーな観光都市以外にも目が向けられるようになったポーランド。情報量が増えたことで、個人でも“通”な旅行者が訪れるようになった。

「今、日本の若い女性の間で小さなブームになっているのがポーリッシュ・ポタリー、ボレスワヴィエツという町で生産している陶器です。これを買いたいとはるばる現地まで出かける個人旅行者も結構多く、グループツアーにもこの町を取り入れているものがよく見受けられるようになりました。また、JATA(日本旅行業協会)が選ぶ『ヨーロッパの美しい村30選』に入った、ザリピエ村は、民家や井戸、犬小屋や消防署、教会などあらゆる建物の外壁や室内に色鮮やかな花模様が描かれていることで知られています。この華麗なウォールペイントは村の女性たちが描いているもので、年に1度ペイントの美しさを競うコンクールが開催されています。この村も日本人旅行者の間で非常に人気が高くなってきており、旅行会社の企画でも注目されるスポットになっています」

 航空券や宿泊先を簡単に予約できるようになった今、直通便というインフラはこれまで以上にビジネス、観光、文化面で大きな効果を発揮するようになった。20年越しに壁を乗り越え、国と国とが直接結ばれた日本とポーランド。今後、お互いの首都を飛び交う便が増えることで、二国間の関係とビジネスチャンスはさらに深まりそうだ

<取材・文/林泰人 撮影/Lord of the Wings via flickr (cc) 写真提供/ポーランド政府観光局>