2018年1月12日のプレスデーを皮切りに、14日まで幕張メッセにおいて開催される「東京オートサロン2018」。ホンダからは四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両などバラエティに富んだモデルが出展されます。

クルマの注目モデルは、東京モーターショーで先行公開された2018年発表予定の新型CR-Vをはじめ、来春のマイナーモデルチェンジが予定されているジェイドRSをベースにしたコンセプトモデルになりそう。ほかにも、ステップワゴン・モデューロXコンセプト、S660 モデューロXコンセプト、MUGEN RC20GTシビック・タイプRコンセプトなども展示。

さらに、12月14日に発表されたフリード・モデューロX、12月21日に発表されたばかりのN-ONE RSなどの新型モデルもチェックできます。

モータースポーツ競技車両では、第101回インディアナポリス500(以下、インディ500)にて、佐藤琢磨選手(Andretti Autosport)が日本人初の優勝を遂げたマシン「Dallara DW12」、7月に販売が開始された「NSX GT3」、FIMロードレース世界選手権MotoGPクラス参戦マシンの「RC213V」、「CIVIC TCR」などが披露されます。

そのほか、「MUGEN CIVIC HATCHBACK Prototype(無限用品装着車)」なども出展されます。ホンダのブースは、中ホール 小間番号435と発表されています。

(塚田勝弘)

【東京オートサロン2018】ホンダからは新型CR-V、ジェイドRSベースのカスタムモデルが登場(http://clicccar.com/2017/12/23/542352/)