韓国記者、ジョンヒョンさんの自殺受け提言「韓国社会は支えにならない」

ざっくり言うと

  • ジョンヒョンさんの自殺を受け、韓国記者が問題提起している
  • 「苦悩の中にある個人にとって韓国社会は頼れる支えになっていない」と指摘
  • 遺書の分析によって、社会状況を直視することもできるだろうと提言した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング