フローニンゲン時代のFWマイケル・デ・リュー【写真:Getty Images】

写真拡大

オランダで生まれたミラクルゴールから4年で脚光…ファン再び称賛「伝説的なルーレット」

 海外サッカーでかつて生まれた仰天のスーパーゴールから4年が経ち、地元メディアが脚光を当てている。サイドからのクロスに対し、クルッと回転しながらノールックでダイレクトボレーを炸裂。動画付きで紹介された衝撃弾に、ファンも「いまだにこのシュートを超えるゴラッソが生まれてない」「伝説的なルーレット」と改めて驚嘆の声を上げている。

 なぜ、こんなゴールを決められるのか。伝説のゴールに再び脚光を当てられているのは、オランダ人FWマイケル・デ・リューだ。FOXスポーツ・オランダ版がインスタグラムで「4年前の今日、それはマイケル・デ・リューがフローニンゲンでワンダーゴールを叩き込んだ日」とつづり、1本の動画を公開している。

 13年12月22日のフローニンゲン―NECの一戦だった。フローニンゲンは右サイドを攻め上がり、中央にクロスを入れた。これに反応したのが、エリア内に侵入したマイケル・デ・リュー。しかし、ボールは走り込んだ位置より、やや後ろに流れた。シュートを打つのは難しいか――。そう思われた次の瞬間、とんでもない動きを演じた。

 右回りに反転すると、ゴールに背を向けたまま、やや飛び上がり、右足を出した。そして、ヒール辺りにボールを当てると、体はクルッと回転。ボールはゴール方向へ。予期せぬ体勢からのシュートに相手GKも反応することできず、なんとそのままゴールに吸い込まれたのだ。

ファンから驚きの声が続々「説明不要のワンダフルゴール」

 映像を観ても、体で反応した背番号8はボールを見ておらず、ノールックで放っている。超人的なゴールに改めて脚光が当たり、ファンも驚きの声を続々と上げている。

「いまだにこのシュートを超えるゴラッソが生まれてない」

「なんてゴールなんだ」

「鳥肌の立つゴール」

「説明不要のワンダフルゴール」

「伝説的なルーレット」

 コメント欄にはこのように“史上最高級”との称賛の声が続々と投げかけられていた。フローニンゲンにはU-20日本代表を経験したMF堂安律らが所属しているが、スーパーゴールを決めたマイケル・デ・リューは現在、MLSのMLSシカゴ・ファイアーに所属。かつて母国で演じた伝説的なノールック・ルーレットボレー弾から4年が経ち、再び称賛の的になっている。(THE ANSWER編集部)