公式練習でトリプルアクセルを決める紀平梨花=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・高部洋祐)

写真拡大

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 女子フリーを前に公式練習が行われた。ジュニアからの出場で、ショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(15)=関大KFSC=は本場用の赤い衣装でフリー曲「道」を通して演技。冒頭のトリプルアクセル-3回転トーループと、続く単独のトリプルアクセルに成功し、曲をかけた練習以外でもトリプルアクセルは大きなミスなく着氷した。

 前日の練習でも同様の安定感を見せており、フリーでトリプルアクセル2本に成功すれば、SPでの1本の成功と合わせて浅田真央以来となるSP、フリー合計3本の大技成功となる。これまでは、ジュニアの規定でSPにはトリプルアクセルを取り入れることができなかった。