【意識低い系男子のカメラ選び】

【詳細】他の写真はこちら



FacebookやInstagramなどで“なんとなく素敵な写真”を目にする機会が増え、写真が上手くなりたい人が急増中! 「私でも撮れる!」その自信は新しいカメラを手にすることでより深まるはず。スマホも良いけどSNSで「いいね!」を集めるならやっぱりデジカメでしょう!

ミラーレス派の主張。





軽さは正義、それでいてレンズ交換式なので表現力も自由! それがミラーレス最大の魅力。お父さんのこだわりと、お母さんの手軽さを存分に満たす最新ミラーレス機は、家族みんなで楽しめる最高のデジカメです! オススメ!

最新機能・バランスも良し今がミラーレスの黄金期!



デジイチより軽くてコンデジよりも表現力の自由さがあるミラーレス。レンズの買い足しで撮りたいイメージの写真が実現できるのはレンズ交換式ならではのメリット。それでいてデジイチよりも軽いので、長時間ぶらさげていても首が疲れにくいという(個人差あり)、カメラの理想形に近い存在とも言える。

最近では小型・軽量・レンズ交換式のミラーレスの3大“自慢したい要素”に「手ぶれ補正」が付き、スマホからのステップアップ層を拡充。それでいてこの手ぶれ補正対応モデルは「マウントアダプター」と呼ばれる“他のデジカメのレンズが使える”筒状のレンズ変換(互換)器が発売されているので、オールドレンズなどの古いレンズ資産が使え、デジイチからの乗り換えも容易と、カメラ好きにも好評。ますます市場が活気付いている。

センサーサイズもAPS-C・フルサイズに大型化し、写りも申し分なし。プロも信頼する性能がミラーレス機に詰まっている。

信頼のボディ内手ぶれ補正機能をフルサイズで楽しむ



ソニー

α7II ILCE-7M2

実勢価格:16万270円

【SPEC】

126.9×95.7×59.7mm・556g

フルサイズ、ミラーレス、α Eマウント、2430万画素、フルHD動画

AF性能に優れ、フルオートでも雰囲気良く撮れる



ソニー

α6500 ILCE-6500

実勢価格:14万4710円

【SPEC】

120×66.9×53.3mm・410g

APS-C、ミラーレス、α Eマウント、2420万画素、4K動画

【標準ズームでこう撮れる!】

動画で撮って後から写真を選ぶ失敗知らずの秀逸機能



パナソニック

LUMIX DMC-G8

実勢価格:9万6420円(ボディのみ)

【SPEC】

128.4×89×74.3mm・453g

4/3型、ミラーレス、マイクロフォーサーズ、1600万画素、4K動画

抜群のAF性能と高速連写で、動く被写体も逃さない



オリンパス

OM-D E-M1 Mark II

実勢価格:22万1620円(ボディのみ)

【SPEC】

134.1×90.9×68.9mm・498g

4/3型、ミラーレス、マイクロフォーサーズ、2037万画素、4K動画

【超高速連写でこう撮れる!】

※『デジモノステーション』2018年1月号より抜粋。

text早坂英之

photo小川賢一郎(warehouse)