作詞家・岩里祐穂、第5回トークライブのゲストは坂本真綾 ミニライブの開催も

写真拡大

 作詞家の岩里祐穂が、2018月2月3日に第5回となるトークライブを開催する。

 第1回に元チャットモンチー高橋久美子、第2回に松井五郎、第3回にヒャダイン、第4回に森雪之丞を招いて行われてきた本イベント。最終回となる第5回のゲストとして、坂本真綾が出演する。

(関連:岩里祐穂 × ヒャダインが明かす、名曲の作詞術「重要なのは“いかに言わずして言うか”ということ」

 アーティストとして、声優として活動している坂本は、自身の楽曲の作詞にとどまらず、他のアーティストにも作品を提供する作詞家でもある。8歳より子役として活躍し、1996年のデビューシングル曲「約束はいらない」の作詞は岩里祐穂が担当。それ以来、両者は20年以上の付き合いとなる。

 菅野よう子とのコンビで多くの楽曲を坂本に提供してきた岩里だが、同時に坂本真綾の詞からたくさんの刺激を受けてきたという。イベントでは、作詞をする者同士だからこその視点で、「作詞」についてじっくりと語り合う。また、当日は坂本真綾によるミニライブも予定されており、岩里からのリクエスト曲を歌うという。(リアルサウンド編集部)