【詳細】「宇宙図書館」MVはこちら

12月22日に放送されたニッポン放送『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』にビートたけしが生出演した。

ビートたけしが浅草・フランス座に通い始めた1972年にユーミンもデビュー。キャリア45年の業界同期であるふたりは、ユーミンが1985年に『ビートたけしのオールナイトニッポン』にゲスト出演して以来、32年ぶりの『オールナイトニッポン』生放送での再会となった。

『オールナイトニッポンGOLD』(毎週金曜日22時〜24時)は、週替わりで様々なジャンルのパーソナリティが登場する、バラエティに富んだトークと音楽が楽しめる大人の『オールナイトニッポン』。

ユーミンこと松任谷由実は、月1回のレギュラーパーソナリティを担当。“今いちばん会いたい人”をゲストに迎えて、ユーミンならではの視点で聞きたかったこと単刀直入に質問している。 2017年は小池百合子、志村けん、IKKO、ANZEN漫才、ハリソン・フォードなど多彩なゲストが登場したが、今年最後となる22日の放送には念願かなって、ビートたけしが生出演した。

「今夜は、“ぎょえ〜!”な人がやってくる! まさかの、ビートたけしさん、生登場です!」とオープニングからハイテンションのユーミンは、31年前の1986年に『オレたちひょうきん族』のエンディングテーマに使用されていた自身の楽曲、「土曜日は大キライ」を1曲目にかけてビートたけしをスタジオに迎えた。

そして、ビートたけしが「どうも松本幸四郎です」と登場すると、ユーミンも「長澤まさみです」と応酬。32年ぶりの『オールナイトニッポン』共演は爆笑でスタートした。

番組では、1985年にユーミンがゲスト出演した『ビートたけしのオールナイトニッポン』の貴重な音源も披露。ふたりは、出会った頃の思い出など様々なトークを繰り広げ、「ラジオの生放送はカットされないから、いいね」とビートたけしの毒舌も炸裂した。

また、リスナーからの「松任谷由実さんを北野映画に出演させるとしたらどんな役?」という質問にビートたけしは、「キャバレー歌手で相手がやくざ。やくざがカチコミに行って死ぬときに『ラブ・イズ・オーヴァー』を歌ってるの」と即答。

これを聞いたユーミンも「やりたい! あたし。いいなあ、キャバレー歌手。演技がなければ、ぜひ歌いにいきます!」とノリノリ。そのほか、「ユーミンさんがたけし軍団に入ったら?」など奇想天外な質問も寄せられた。

また、番組ではビートたけしがカラオケで歌い、絵も描いたというというユーミンの「ひこうき雲」「冷たい雨」、そしてビートたけし作詞・作曲の「浅草キッド」も流された。

この日の放送は、12月30日5時までradikoのタイムフリーで聴くことができる。



リリース情報



2016.11.02 ON SALE

ALBUM『宇宙図書館』

radikoタイムフリーのURL

http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20171222220000

『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』番組サイト

http://www.allnightnippon.com/gold/

松任谷由実 OFFICIAL WEBSITE

http://yuming.co.jp/