「A-Studio」に内藤剛志が登場/2009年撮影

写真拡大

12月22日放送の「A-Studio」(TBS系)に内藤剛志がゲスト出演。浜田雅功から学んだという“仕事の流儀”について語る場面があった。

【写真を見る】“代ゼミ”時代に知り合った奥様のエピソードも/2005年撮影

内藤は1995年に「人生は上々だ」(TBS系)で浜田とドラマで共演。1997〜2001年に放送された「人気者でいこう!」(テレビ朝日系)ではバラエティーでの共演も果たし、浜田とは長年にわたって交流を続けている。

ドラマで共演した際の浜田の印象について「NGあんまり出さないんですよ」「時間も絶対来るんですよ、きちっと」と語る内藤。なぜそんなにしっかりとできるのか、内藤は浜田に尋ねたことがあるという。すると浜田から返ってきた返答は「(ドラマの現場では)僕アルバイトです」「だから誰よりもちゃんとやるんです」というもの。

その後「人気者でいこう!」に内藤が出演する時には、浜田から「なんにもせんでよろしい」「ただ一生懸命やってください」とアドバイスされたと内藤は明かす。

さらに浜田は「『なんでやねん!』とか言わんでもよろしい」「そういう仕事はしないでくれ」「アルバイト(の俳優)が一生懸命やるところを正社員(の芸人)が面白くするから」とも内藤に伝えたとか。

浜田からのアドバイスを聞いた内藤は「バラエティーをやるときはあくまで俳優が一生懸命やってる」という姿勢が大事なのだと理解。

“隣同士”にも見える俳優と芸人の世界は「同じように見える業種だけど、隣へ行くことは違うことなんや」「芸人さんっていう世界と俳優っていう世界は似てるようだけど違う」と実感するようになったという。

現在も俳優として活躍する一方で、バラエティー番組への出演や情報番組の司会なども務めている内藤だが、「分かったように(隣の世界へ)来るのが一番ダメなんだと僕は思う」「一生懸命やるっていうことに尽きる」と強調した。

次回、12月29日(金)放送予定の「A-Studio」はトーク名場面集。(ザテレビジョン)