©BeauTV 〜VOCE

写真拡大 (全43枚)

もうすぐクリスマス。ドレスアップをしてパーティーに行くなら、手元もおしゃれにしたいですよね。でも、そのためだけにネイルサロンに行くのはなかなか難しい…。

©BeauTV 〜VOCE

12月22日(金)に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組『BeauTV 〜VOCE』では、コーディネートのアクセントになって、普段使いもできるセルフクリスマスネイルを紹介していました。

教えてくれたのは、日本だけでなく海外でも注目を集めているプロネイリスト、黒崎えり子さん。

©BeauTV 〜VOCE

クリスマス当日だけでなく、その前後も楽しめるワンランク上のフェミニンネイル。早速その方法を見ていきましょう!

 

◆STEP1:マニキュアを塗る

©BeauTV 〜VOCE

最初に、爪は除光液や消毒液で表面をきれいに拭いておきます。

©BeauTV 〜VOCE

そして、まずはベースコートを塗りましょう。爪のフチ、キューティクル(甘皮)のギリギリまで塗っておくことで、長持ちするネイルになります!

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

次にカラーマニキュアを。ここでポイントなのが、マニキュアのブラシ使いと塗り方! 最初はボトルの口でブラシをくるくるさせ、液体の量を少なめに調整します。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

そのブラシで、先に爪のフチ部分を塗りましょう。この一手間がきれいに塗るコツだそう!

©BeauTV 〜VOCE

その次に、ブラシの片側だけしごきます。

©BeauTV 〜VOCE

一度爪に置き、液量を調整してから根本につかないようにギリギリまで全体を塗ります。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

もしカラーがはみ出てしまった場合でも大丈夫! 除光液をつけたスティックでコットンを軽くひっかき、薄めに繊維をつけたものを使うと上手に直すことができます。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

全体に色が乗ったら、1度目よりも多めの液量で2度塗りしていましょう。こちらはツヤ出しのイメージで。

©BeauTV 〜VOCE

 

◆STEP2:パーツをのせる

©BeauTV 〜VOCE

ラメやラインストーン、星形パーツを使って華やかにしていきます。パーツを置くときは、一番バランスのよく見える“薬指”をポイントにするのがオススメ!

©BeauTV 〜VOCE

パーツをのせたい部分にトップコートを塗ります。

©BeauTV 〜VOCE

パーツは、トップコートを紙に少量出し、スティックの先を軽く濡らしたもので取ると簡単に取れます。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

まずは細かいラメを根元のほうへランダムに散らします。

©BeauTV 〜VOCE

次に、大きいラメをのせていきます。

©BeauTV 〜VOCE

さらにラインストーンをのせていきます。ここでのポイントは、同じサイズのものが隣に来ないようにすること!

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

そして、クリスマス感を出すためにゴールドの星もプラス! バランスよくのせるコツは、根本から先端にかけてパーツを小さくすること。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

緑色も入れてあげるとより一層クリスマスっぽくなりますが、今回はさりげなく足す程度に。

©BeauTV 〜VOCE

薬指の装飾が完成したら、同じパーツを使ってもう1本、人差し指にもパーツをのせましょう。ここでは薬指よりも控えめにのせていきます。近くで見たり、遠くで見たりしながらバランスを取って仕上げていきましょう。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

最後にトップコートでフチまでしっかりコーティングして完成です!

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

ネイルを長持ちさせるには、3日に一度ほどトップコートを重ねてあげるのがオススメだそう。

©BeauTV 〜VOCE

©BeauTV 〜VOCE

ネイル好きの番組MC・河北麻友子さんも「赤いネイル、すごいかわいかった!」と大絶賛!

©BeauTV 〜VOCE

さらに、「クリスマスが過ぎても全然いけそうだし、ちょっと変えたいなと思ったらラインストーンをのせたところだけとって赤だけにしてもいいかも」とコメントしていました。

みなさんもぜひトライしてみてはいかが?