平昌五輪代表の3枚目の切符を田中刑事が引き寄せた(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

写真拡大

フィギュアスケートの平昌五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権が22日、東京の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子ショートプログラムでは、宇野昌磨(20、トヨタ自動車)がジャンプでミスをしながらも96・83点で首位発進した。2位に91.34点の田中刑事(23、倉敷芸術科学大)、3位に85.53点の無良崇人(26、洋菓子のヒロタ)、4位に80.99点の村上大介(26、陽進堂)がつけた。

 大会V2に向け力強いスタートを切った宇野と、全日本を欠場したものの過去の実績から“特例”での五輪代表選出が確実視されている羽生結弦(23、ANA)に続く“3枚目の五輪切符の行方”が今大会の焦点のひとつだった。その争いで“本命”の田中が大きくリードした。

「memories」の静かなイントロのメロディにのって、冒頭の4回転サルコーを綺麗に着氷。続けて3回転フリップ+3回転トゥループの連続ジャンプを成功させ、出来栄え点を稼ぐ。

 曲のギターソロが盛り上がる後半の3回転アクセルも乱れず、1.86点の出来栄え点を加点、観客を引き込んだ。今季、成長が評価されている表現力を存分に発揮してスタンディングオベーションが起きた。

 ISU非公認ながら自己ベストの91・34点をマーク。それでも田中は、緊張した表情のままで「緊張して大丈夫かなとも思ったのですが、失敗してもいいからと強くやろうと。練習を信じて。練習の成果が出せました」と語った。

 ざわざわとした余韻が残る会場の雰囲気の中、続いて演技することになった無良は、対照的に冒頭でミスを犯す。予定では、コンビネーションジャンプにするはずだった最初の4回転トゥループの着氷でバランスを崩して手をついてしまい、単独ジャンプになってしまった。その後、落ち着いて、3回転アクセルを決め、3本目のジャンプとなる3回転ルッツは、3回転トゥループにつなげるコンビネーションジャンプにしたが、流れが止まったものになり、出来栄え点はマイナス。90点に届かなかった。

 冒頭、高さのある4回転サルコーを成功させ、大きなミスをせずに演技をまとめた村上も得点は80.99と伸びずに、田中は無良に5.81点差、村上には10.35点差をつけて“第3の五輪切符”をぐいっと引き寄せた。

 そもそも五輪選考基準の3人目の条件にあてはまっている選手は田中しかいなかった。

 3枠ある男子の五輪選考基準では、全日本選手権の優勝者が無条件で決定、2人目は、全日本2、3位で、GPファイナル出場者上位2人。3人目に関しては、2人目から漏れた選手で、以下の選手が選考対象にされ、総合的に判断されることになっている。

 (1)世界ランクの上位3人(過去3年で集計)
 (2)シーズンランクの上位3人
 (3)シーズンベストスコアの上位3人

 実は(1)の世界ランクの上位3人は、羽生1位、宇野2位、田中18位。(2)シーズンランク上位3人は、宇野4位、羽生24位、田中28位。(3)シーズンベストスコア上位3人は、宇野の319.84点、羽生の290.77点、田中の247.17点(中国杯)となっていて、3人目の対象選考となる条件を満たしているのは、田中一人しかいなかったのだ。

 その“本命”ゆえのプレッシャーもあっただろうが、田中は“3人目の男”にふさわしい演技を見せた。

 田中は24日のフリーで大きなミスをしない限り3枚目の切符を手にすることになりそうだが「もう一度気を引き締めて、今回は1日空きますし、今日以上の集中力をフリーではぶつけていきたい」と表情を引き締めていた。もちろん、状況的に苦しくなったとはいえ、無良、村上もフリーでの大逆転を狙ってくる。男子3枚目の五輪切符を争う戦いからも最後まで目が離せない。