優希美青が「僕だけのいない街」に出演!

写真拡大

世界190カ国で配信が開始したNetflixオリジナルドラマ「僕だけがいない街」。本作は、原作完結を迎えてから初めての映像化ということで、原作ファンからも大きな反響を呼んでいる。

【写真を見る】超キュート! 自撮り風ショットにも笑顔で応じてくれた

そんな同ドラマにて主人公・藤沼悟(古川雄輝)のアルバイト先の同僚で、女子高校生・片桐愛梨を演じる優希美青にインタビューを行った。

――まず、本作に出演が決まったときの感想を教えてください。

「僕だけがいない街」って、映画もアニメもあるすごい作品なので、「まさか私が」というのが正直な感想です(笑)。「うそー! うれしい!」という感じだったんですけど、徐々に実感が湧いてきてからは、プレッシャーを感じていました。

やはり原作ファンの方もいらっしゃるし、その方々が満足いくように頑張らなきゃいけないということで、撮影初日はすごく緊張しました。でも、原作をいっぱい読んで「自分らしく頑張ろう」と思って頑張りました。

――原作を読まれた感想は?

怖かったです(笑)。すごくハラハラして、「犯人に出会ってしまったらどうしよう?」とか、「後ろから人が出てきたらどうしよう?」って思いながら読んでいました。普段、漫画はあまり読まないんですけど、すごく楽しめました。

――映像化された作品が以前にあったということで、意識はされましたか?

演じる方としては「それはそれ、これはこれ」と割り切ってやらないと駄目だなと思いました。「私は、ドラマの片桐愛梨をやろう」と思って、役作りに臨みました。

――役作りとしては時系列も複雑ですし、悟(古川)と相対するときの互いの印象も異なりますよね。苦労されたことはありますか?

はい。最初に台本を読んだとき難しくて、「あれ、この時は(悟と)出会っていていいんだっけ?」「あれ、これはどう思っているんだっけ?」って。現場でその都度「ここは知らない人なんでしたっけ」というやりとりがありました。そこは周りのスタッフさんにも教えていただいて、きちんと理解しながらやっていきました。

“リバイバル”って他の作品ではないですし、もちろん現実でもないので(笑)、正直どう捉えていいのか分からなかったんです。でも、台本を読んでいくうちに、この作品の1つの魅力であるリバイバルをうまく表現したいな、と考えました。

――リバイバルはないでしょうけど(笑)、「デジャブ」のような出来事って日常的に感じることはありますか? 

あります。私の夢ってすごくリアルで、今も別の作品を撮っているんですけど、帰ってからもその現場の夢を見るんですよ。監督に怒られている夢とか(笑)。先輩に失礼なことを言っちゃって気まずい雰囲気になる夢とか。

だから「あれは夢だっけ? この間この人に会ったっけ?」と錯覚することはあります。「この前見たことある! でも、夢の中だっけ? 実際に会ったかな?」というような感じで(笑)。

――演じられてみて愛梨というキャラクターについてはどうお考えですか?

愛梨ちゃんはすごく素直で、思ったことをすぐ口走っちゃうような子です。でもそこは、似ているというか、重なる部分もあるなと思っています。私も思ったことを言っちゃうタイプなので(笑)。そこは演じていて、悩んだとか演じにくいということはありませんでした。

――「目の前のことに全力で踏み込むのがモットー」というせりふがありますが、なかなかすてきなことを言いますよね。

そうですね。割り切って「たとえ裏切られて傷ついても、私は信じていたい」という、そういう愛梨ちゃんの考え方は格好いいと思いましたし、人として魅力を感じました。

――では、撮影の中で印象的なエピソードはございますか?

私、ちょうどこの作品の撮影のとき誕生日(4月5日)を迎えたんですよ。そのとき、皆さんに「おめでとう、おめでとう!」ってケーキまで出してもらってお祝いしていただいて。

その日の夜がすごく怖いシーンの撮影で、「さっきまでみんなあんなに『おめでとう』って言ってくれていたじゃん!」って余計にインパクトが大きかったです。すごい誕生日になりました(笑)。

――それはすごく印象に残りますね(笑)。

残りますよ〜! みんな「おめでとう、おめでとう!」って言ってくれたのに、急に重苦しい雰囲気になって(笑)。

――個人的にはカメラマンを殴るところが好きでした。

あ〜! 愛梨ちゃん格好いいですよね。普通はためらうじゃないですか。それをためらわず、間違っていることは間違っているのだから、と自分の意思で表現できるのはすごいなと思います。

――悟役の古川(雄輝)さんは、実年齢でも約10歳年上ですけど、撮影現場での印象というか、共演されてみていかがでしたか?

古川さんは事務所の先輩で、以前一度事務所でお会いしたことがあったんです。そのときは話したわけでもないし、名乗ったわけでもないので、「覚えていてくださっているかな?」と、少し緊張して現場に行きました。

そうしたら、古川さんの方から「あのとき会ったよね」と言ってくれて、すごくうれしかったです。おかげで緊張が解けました。

――もしかしたら“リバイバル後”だったのかもしれませんね(笑)。

あ! そうかもしれないですね(笑)。

――ちなみにもしご自分がリバイバルで過去に遡れるとしたら、いつに戻りたいですか? 

いつだろう…(笑)。やっておきたかったということはいっぱいあるんです。中学2年生のころに戻って、ちゃんと勉強しとけば良かった…とか。

台本を読んでいて、分からない漢字が出てきたとき、「これっていつ習うんだろう?」ってなるので(笑)。戻ってしっかり勉強したいです。

こうやって取材していただいているときも、どの言葉遣いがベストなんだろうって、分からなくなるときがあるので。ちゃんと国語をやっとけば良かったなと思ってしまいました。

――いやあ、言葉遣いもきれいだと思いますよ。

ありがとうございます(笑)。

――特に苦手な教科は何だったのですか?

英語ですね。

――英語ってそんなに使わないですよね?

使わないですね。でも私、よく外国の方に話し掛けられるんですよ。「ここに行くにはどうしたらいいですか?」というような感じで。話し掛けやすいタイプなのかは分からないんですけど…。

そのときに何て教えてあげればいいのか分からなくて、「ゴー、ゴー、こっち」みたいな(笑)。英語は難しいです。

――こっちって(笑)。そういえば、古川先輩は(英語が)ペラペラですからね。

そう! ペラペラなんですよ。本当にすごいんです。今度教えて頂きたいです(笑)。

――タイトルの「僕だけがいない街」にちなんで、「孤独だなあ」って思うことはありますか?

私、一人で家にいても黙っていられないんですよ。独り言を常に言っちゃって。度が過ぎると、テレビに話し掛けているんですよ。それがたまに寂しくなるときがあります、自分で(笑)。

――冷静になっちゃ駄目ですね(笑)。

どこかにぶつかって痛いときも、カメラで撮られているわけではないのに、オーバーリアクションで「痛〜いっ!!」て(笑)。一人でやっていて、ちょっと寂しくなるときありますね。

――そういうときはどうするんですか?

とりあえず「名探偵コナン」を見ます(笑)。

――コナンくんが癒やしてくれるわけですね。

癒やしてくれますね〜。つらいことがあったら必ずコナンくんを見ています。コナンくんに頼り過ぎていて、「コナンくんがいなかったらどうしよう?」って考えることもあります。

――Instagramを拝見していると、鍛えているところをよく見かけますが、あれはどんな狙いでやられているのですか?

映画の役作りです。体力をつけて、筋肉質というか…美ボディーを目指しています(笑)。映画のために女性らしい体つきを目指したくて始めたので、頑張ります!

――もう「暦の上ではディセンバー」ですね。2018年に向けての抱負などがあれば教えてください!

懐かしい(笑)。ことしは2018年3月17日(土)に公開の「ちはやふる -結び-」という映画を撮っていて、その現場が本当に楽しかったんです。学園モノというか、「同世代の人と一つの作品を作るって、こんなに楽しいんだ」って。

これからも2、30人いる学園モノというよりは、「ちはやふる」のような6〜7人の青春を描いていくような、学園モノの作品に出てみたいです。

やはり、学生モノは今しかできないじゃないですか。2018年も、そういう役ができるうちにいっぱいやっていきたいです。(ザテレビジョン)