坂本は赤の新衣装でフリーに挑む

写真拡大

 ◇フィギュアスケート全日本選手権第2日兼平昌冬季五輪代表最終選考会(2017年12月22日 東京都調布市・蔵野の森総合スポーツプラザ)

 平昌五輪代表へのキーワードは「赤」と「無心」だ。女子ショートプログラム首位の坂本花織(17=シスメックス)は22日の公式練習に赤の新衣装で登場。23日のフリーで試合で初めて着る。「赤の方が衣装という感じがします」。関係者の助言で緑から変更。映画「アメリ」の曲を演じるプログラムを、鮮やかな衣装でよりアピールする狙いがある。

 首位発進から一夜明けたこの日の練習では曲をかけてジャンプに2度失敗。演技後は両膝に手をついて悔しがった。枠は2。Vなら五輪、2位なら24日の選考次第。2位宮原との差はわずか0・36点。「めちゃくちゃ緊張しています」。運命の最終滑走では得意のジャンプの出来栄え点でどれだけ伸ばせるかがカギになる。